※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ミニチュア・クリーチャー・テンプレート(私訳版)】

▼ミニチュア・クリーチャーの作成
 “ミニチュア・クリーチャー”はいかなるクリーチャー(以下“基本クリーチャー”と呼ぶ)にも適用できる、後天性テンプレートである。
 ミニチュア・クリーチャーは以下に挙げる点を除いて、基本クリーチャーのデータと特殊能力をそのまま適用する。

  • サイズ分類と種別:クリーチャー種別は変化しない。サイズ分類は4段階小型化する(極小より小さくはならない)
  • ヒットダイス:能力値修正適用前のhpは、1/4(端数切捨て)になる。最終的なhpは最低でも1になる。
  • 移動速度:全ての移動形態について、以下の表の通り低下する。(約1/5)
~35フィート → 5フィート
~55フィート →10フィート
~75フィート →15フィート
~100フィート →20フィート
100フィート以上 → 100フィート毎に+20フィート、端数を上記の表で変換。

  • アーマークラス:サイズによる修正を得る
  • 攻撃:生態武器および武器のダメージを、サイズが4段階低下したものとして算出する
  • 特殊攻撃:呪文および擬似呪文能力について、距離および効果範囲を1/20(端数5'単位で切り捨て)とする。またhpにダメージを与えるものについて、ダメージダイスをそれぞれ武器とみなし、4段階小さくなったものとして算出する(例:7レベル術者のファイアボールは、30'の射程距離と、直径5'の爆発、7のダメージとなる)
  • その他の特殊能力:距離および効果範囲について、1/20とする。例:暗視60フィートが、暗視3フィートに。
  • ダメージ減少、高速治癒、エネルギー抵抗、再生、その他似たような能力について、以下の通りとする

 ダメージ減少/エネルギー抵抗:効果を1/5とする(最低でも1)例:ダメージ減少10/銀は、ダメージ減少2/銀になる
 高速治癒/再生:効果を1/5とする(最低でも1)。例:再生5は、再生1となる。

  • 能力値:サイズによる修正を得る
  • 技能:サイズによる修正を〈隠れ身〉に得る
  • 脅威度:基本クリーチャーの1/2または1/4(個別にGM判定)
  • レベル調整値:-4(ただし使用にはGM許可が必要)