※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

========================
『エンゼルギア 天使大戦TRPG』質疑応答
2003年10月01日版

 この質疑応答は、セッションを円滑に進めるために、コピーしたり、それを無償で配布することを許可します。ただし、ファイル名や内容などを変更することを一切禁じます。「無償の配布」には、インターネットのホームページに掲載することを含みます。


(C)2003 Inoue Jun'ichi/FarEast Amusement Research Co.,ltd.
(C)2003 ENTERBRAIN,INC.
(C)RUNE
========================
■キャラクター作成
Q:初期装備にヴィークルを得る場合、武装に関しては、どのように処理するのでしょうか?
A:ヴィークルデータに書かれている武装は最初からあるものとします。それ以上の兵装を取得する場合は、初期アガペーを上昇させて取得するようにしてください。

Q:初期装備で、取得するハードポイント分の搭載火器や兵器に関しても初期アガペーがかかるのでしょうか?
A:これには、初期アガペーは必要ありません。初期アガペーが必要になるのは、ハードポイントに搭載可能な分とは別の追加武装や追加の兵器に関してです。

■行為判定
Q:難易度0で成功数0の場合、その行為判定は成功ですか?
A:失敗として扱ってください。

■Motion Of Emotion
▼ダーザインの新規設定
Q:クライマックスフェイズの戦闘中にダーザインの新規設定を行なう場合、必要なのはメジャーアクションでしょうか? マイナーアクションでしょうか?
A:マイナーアクションとしてください。

▼ダーザインのレベル
Q:PC間のコネクションで発生するダーザインのレベルはいくつですか?
A:P59にもあるとおり、指定されていない場合、ダーザインは2レベルとしてください。シナリオダーザインも同様に2レベルから始まります。

▼パトスチットの消費
Q:ダーザインロール、ダーザインの操作についてもパトスチットを“消費”しますが、これによってアガペーも上昇するのでしょうか?
A:上昇させてください。特技などで[ロゴス]を消費する場合も、[アガペー]は上昇します。

▼感情の変更
Q:ダーザインの感情の変更を行なうと、レベルは変化しますか?
A:変化しません。

▼福音
Q:福音の成功数100は1回の判定で達成しなければならないのでしょうか? それとも、シーンを通した合計でしょうか?
A:1回の判定です。

■戦闘
▼攻撃
Q:〈エーテル〉〈運動〉などを使用する武器はエンゲージしているキャラクターを攻撃できますか?
A:可能です。むろん、武器の方で同一のエンゲージに対して使用できない場合は、使用できません。

▼突き返し
Q:[突き返し]の際に使用した武器の命中修正は適用されるのでしょうか?
A:適用されます。

▼ヴィークルでの戦闘
Q:シュネルギア以外のヴィークルで行なう戦闘には、シュネルギア戦闘のルールが適用されるのですか?
A:状況によります。
 戦闘機やフライングユニットの場合、移動やバッドステータス、ダメージの扱いなど、シュネルギア戦闘のルールがほぼすべて適用されるでしょう。ただし、“特殊な戦闘行動”はシュネルギアのみが行えるものです。
 一方、トラックや戦車などの、[飛行状態]にならないヴィークルでは、移動やバッドステータスのルールは適用されませんが、装甲や負傷ゲージのルールは適用されます。状況に応じて、GMが適宜に判断して下さい。

▼高速戦闘
Q:高速戦闘がよくわかりません。
A:整理して解説します。
 まず、高速戦闘中のキャラクターが、そうでないものから受けるダメージは、10分の1になります。一方、高速戦闘中のキャラクターは、高速戦闘中のキャラクターに対して通常通りのダメージを与えることができます。
 高速戦闘中のキャラクターとは、基本的にシュネルギアと、《リミッター解除》《高速モード》を使用したキャラクターを示します。
 なお、すべてのエネミーは、高速戦闘中のキャラクターに対して、通常通りのダメージを与えることができます。エネミーとは下級天使、天使兵、およびGMがエネミーと設定したものすべてです。

Q:SAを使用して高速戦闘を行なった場合、移動距離は、通常のヴィークルのものを使用しますか?
A:高速戦闘のルールにしたがって、【精霊】から換算してください。

▼シュネルギアの歩行
Q:シュネルギアは、飛行せずに歩いたりできますか? その場合、[高速戦闘]でなくなってしまうのでしょうか?
A:歩行での移動は基本的に可能です。その場合、“高速”ではありませんが、ケルンは張ることができます。よって、高速戦闘のルールは適用されます。詳細はGMが判断し、決定して下さい。

▼不意打ち
Q:戦闘中に発生した[不意打ち]では、リアクションに対する修正は入るのでしょうか?
A:入らないものとします。

■SA・特技
●戦闘時以外での特技の使用
Q:タイミングがメジャーアクションやセットアップフェイズなどのSA・特技は、戦闘中でないと使用できないのでしょうか? 《共感》や《ブラックマーケット》などは、戦闘中以外にも使用できそうに思えるのですが。
A:GMが認めれば、戦闘中でなくても、タイミングがメジャーアクションやセットアップフェイズの特技を使用して構いません。

●SA
▼《集団統率》
Q:《集団統率》を使用した際に渡したパトスチットの分だけ[アガペー]は上昇しますか?
A:《集団統率》を使用して渡したパトスチットでは[アガペー]は上昇しないものとします。

▼《忠誠》
Q:《忠誠》の効果の文中に「信頼を表わすダーザインを取得すること」とありますが、《忠誠》を取得した場合、自動的に追加のダーザインをひとつ得る、という意味ですか? その場合、レベルはいくつになるのでしょう。
A:このダーザインは、クラスによって得た【統一帝国からの信頼】のことです。GMの相談の上であればダーザインは変更しても構いません。

▼《アイコンタクト》
Q:《アイコンタクト》でキャラクターAが、キャラクターBに渡した[ロゴス]は、キャラクターAの[アガペー]を上昇させますか?
A:上昇させません。渡された[ロゴス]を消費したキャラクターがみずからの[アガペー]を上昇させます。質問の場合であれば、キャラクターBが渡された[ロゴス]を消費した際にキャラクターBの[アガペー]が上昇します。

▼《神の舌》
Q:《神の舌》の効果はダーザインロールにも有効ですか?
A:これは無効とします。

▼《二刀流》
Q:《二刀流》で命中判定に[ロゴス]使ったときの修正は両方にかかりますか?
A:[ロゴス]は判定(1回のダイスロール)ごとに使用してください。

▼《身代わり》
Q:《身代わり》で引き受けたダメージを、ホルテンXXBなどの、搭乗しているヴィークルの負傷ゲージに割り振ってもよいのでしょうか?
A:これはできないものとします。ただし、エラッタも同時に参照してください。《身代わり》の効果に追加が発生しています。

■装備
▼アームズ
Q:MG3やMG42などの射撃回数が1回、射撃方式がFの武器(マシンガン)は、1回だけ射撃可能なのでしょうか?
A:その通りです。その上で、これらのマシンガンは、基本的に弾薬ベルトを装着して運用するべきでしょう。
 蛇足ですが、射撃方式がS/Fの武器は4回以上、射撃回数が残った状態でなければフルオート射撃が行なえません。

▼ヴィークル
Q:能力値が固定のヴィークルに搭乗しているキャラクターの行動順番はどうなりますか?
A:そのヴィークルのパイロットである場合は、ヴィークルの【感覚】をそうではない(管制官や指揮官)場合は、自身の【感覚】を使用してください。

▼アーマメント
Q:トラバントジステムⅡの使用法がよく分かりません。
A:トラバントジステムⅡは、〈エーテル〉で防御判定が行なえます。さらに、この時に[突き返し]が可能になります。

Q:トラバントジステムⅢの使用法がよく分かりません。
A:トラバントジステムⅢは、ラウンド進行の開始直前に1回、攻撃が可能になります。戦闘ラウンドに入った以降は、イニシアチブプロセスに使用を宣言し、一番最初にアクションを行なってください。

Q:ミサイルランチャーの使用法がよく分かりません。
A:ミサイルランチャーは、HDPを2ポイント消費して、〈誘導兵器〉で扱う兵器を4ポイント分搭載できるものとして使用してください。例えばシュネルギア:イェーガーの片翼には4ポイントのHDPがあります。ここに2個のミサイルランチャーを搭載することで、合計で8ポイント分の〈誘導兵器〉で扱う兵器を搭載できます。

Q:シュネルギアによる格闘を行ないたいのですが、素手によるダメージはどうなりますか?
A:命中修正は±0、ダメージ修正は+10としてください。技能は〈格闘戦闘〉を使用します。

▼イクイップメント
Q:弾薬には、武器種別を指定しない物がありますが、これはどの武器にも使用して構わないのでしょうか?
A:指定されていないため、白兵、投擲を除くどの武器種別の武器に使用してもよい物とします。ただし、イクイップメントの弾薬は、アームズ用とします。アーマメントには使用できません。

Q:弾薬ベルトを併用するとイクイップメントの弾薬をずっと使用できるようになるのでしょうか?
A:なりません。弾薬ベルトには、使用できないものとします。

■エネミーデータ
Q:天使兵の中に回避のデータを持たない者がいますが、彼らは回避しないのですか?
A:はい、そのとおりです。