※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お待たせしました。ナタリー広島弁講座です。今日は、空手を広島弁にします。


ナタリー 空手

田「はい98!!」

山「オスッ!!」


田「はい99!!」


山「オスッ!!」


田「はいラスト100!!!」


山「オスッ!!」


田「ヤメ。」


山「オス!!」


田「ヤメ!」


山「オス!!!」


田「あれ、俺思うとったんよりカツゼツ悪いんかん?・・・おい山根!!やめって言っとるんに何でやめてくれんの!!??」


山「あ、イメージトレーニングの相手が、思うとったんより強かったけぇ、今トドメを刺した!!もう大丈夫じゃ、オスッ!!」


田「そりゃぁ、えかったんじゃ。・・・・長かった合宿も、今日で終わりじゃ。・・・イエーイじゃない、ちぃと騒がない・・・・ちょ、ちぃとちぃと・・・ちぃと山根以外騒ぎすぎ!!それで、あとちぃとやって終わりにするんじゃ。・・・えー!、じゃない、計画した俺の身にもなってよ!練習してこそ、真の空手が身につくんじゃけぇ。なぁ山根。」


山「え?ま、まぁ・・・」


田「いや違うんなら言っちんさい!!俺も今思いついてゆぅただけなんじゃけぇ。」

山「あ、ハイ。」

田「じゃぁやるけぇ、山根手伝って。」


山「ハイ。」


田「じゃぁまず山根が打って・・・ガードして・・・俺が打って・・・ガードするんじゃ・・ハイじゃあやるんじゃよ」

山「オスッ!!アイッ!」

田「~・・・・やられるよーっ!?」

山「ハイ」


田「もっかい!!・・・アイッ!!アイッ!!・・・・ん~~~、何で同じ間違いをー、したのーっ!」

山「あ、ハイ・・。」


田「ちぃと休憩!!」


山「あの、すまん・・・。」

田「われちぃときょうびたるんどるんじゃないのーっ?われこの道場の維新教えたんじゃろ!!言ってみろ!!」

山「はい!トイレは稽古中にゃぁ行かん!!オスッ!!」

田「それわれがよう稽古中にトイレ言っとるから言っとるだけー!!うちの道場はそんのんあにトイレに重点置いてん!!『正しい道を守り、勤勉に稽古せよ』じゃろー!?」

山「はい!!正しい道を守り、勤勉に稽古するんじゃ!!オスッ!!」


田「よし!!それでこそ・・・あ、何も考えてんのにそれでこそって言っちゃったんじゃ。まぁいい・・・戻っちんさい!!」

山「オスッ!!」


田「じゃぁ次は・・わりんさい!!」

山「オスオスオス・・・」

田「何じゃ、さっきの挽回したいってそういうことかっ!」


山「はい・・・じゃぁそれで。」


田「イヤ、違うんじゃったら言っちんさい!!俺も今思いついたこゆぅただけなんじゃけぇ。じゃぁ山根でいくんじゃ・・・上段けつりをするんじゃけぇ、ガードをして上段けつりで返してつかぁさい。」


山「はい。」


田「じゃぁいくんじゃ、アイッ!」


山「アイッ!!」


ポコポコポコポコポコ・・・・・・


田「ヤッ!!・・・上段けつりのとこなんで中段けつりするんっ!!」

山「すまん、ボク、体が硬くて・・・足が上がらんのんじゃ・。」


田「じゃけぇって、中断けつりにせん!!・・・あー、久しぶりに格闘家の血が騒いじゃ。・・・はい、これをやる!!」


山「あ、あの師範・・・。」

田「あ、もういいって。さっきのこたぁ。」


山「あの、トイレ行っていいか。」

田「最初に行っときんさい!!」

山「オスッ!!!!」


次は、「カレー」です。


「カレー」


田「おう、山根。なにしてんのん??」

山「何もしてんよ。」

田「何かやりゃぁええんに。・・・・・・・」


山「あ、あぁ。」

田「あれ、足に糸くずついてるよ??」


山「え、あほんまじゃ。」

田「われー、逃げてきたガリバーかぁ~」

山「違うよ、山根で。」

田「そりゃぁ知っとるよ。そういう雰囲気でゆぅたんでー。」

山「あれ、われ何しに行くん??」

田「あぁ、おかんからカレーの材料頼まれたけぇ買いに行こうゆぅて思うて・・・ついてきてよ。」

山「ヤダよ」

田「えーっ!?じゃぁチョコボールあげるから」

山「おー、くれよ。」

田「じゃぁ何個欲しい?」

山「2個。」

田「え、2個でええん?」

山「じゃぁ4個。」

田「はい、欲張ったけぇ1個。」

山「おお、ありがとう。じゃぁ行こうよ。」

田「え、ええん???」


山「うん・・・ウイーン」

田「ウイーン・・・・よし、カレーの材料じゃけぇまずは・・・たまねぎじゃのぉ。」


山「たまねぎ切るとき、涙が出ない方法伊藤家の食卓に送ろうかの。」

田「えー!?どうするん、教えて教えちんさい!!」

山「じゃぁまず、われん家の食卓にハガキ送ろうかの。」

田「うちの食卓はそがぁなハガキ、募集してん!!いっこも、ほとぼとと暮らさせてくれよー!!」

山「うん」

田「じゃぁ次はじゃがいもじゃのぉ。」

山「われ、ジャガイモの芽ちゃんと取れよ。食べたら死ぬから。」

田「そがぁなコトゆわれたって、料理するんうちのおかんじゃけぇ何ともいえんよ。」

山「あー、でも、われのおかんなら大丈夫じゃのぉ。ジャガイモに、似てるから。」

田「まぁ、似てる分にゃぁ共食いにならのぉていいけど・・オイ、あとそれからもうウチのおかんのことジャガイモ呼ばわりすな!!!!」

山「ゴメン」

田「次はルーじゃのぉ・・。ウチはいっつも『こくまろ』なんで・・・・アレッ!?こくまろがない!!!」


山「え?・・あ、奥に1個あった!!!」


田「おー、えかったえかったんじゃ。ありがとう」

山「やで、これ俺が買うんで。」

田「えー?われん家も今日、カレーなんっ?」

山「ううん、俺コレこぉて誰かに千円で売りつけるんで。」

田「えぇーっ?その誰かって俺じゃないよの??」

山「(笑)」

田「笑うなっちんさい!!・・・あ、奥に1個あった!!あーえかった、われそれ買えよ!!」

山「・・・・・。」

田「もう怒んないから戻せよ」

山「買うんじゃぁや」

田「あ、買うん?」


田にわからないように、カレールーを戻す。


山「あ、ウインナーがえっとある!!」

田「これ試食用で・・・あっちー!!ここの店員バカかー?」

山「これ、爪楊枝で食べるんじゃないん???」


田「もう知らん・・・あぁコケター!!!」


山「あ、みなこぼれたー!!」


田「ちぃとひらうの手伝っちんさい!!・・・ありがとう」

山「あ、あそこに1個、ジャガイモ拾い忘れてるよ?」


田「バカッ!ありゃぁうちのおかんさっ!!!」


次は、「警察官」。

警察官


田「じゃぁ、あと渋谷近辺取り締まって終わりにするから。」


田「・・・?あれ、何でわれ笑っとるん?」


山「あ、思い出し笑いじゃ!!」


田「えーっ!?キモーイ!!」


山「えっ?キモーくなーいよっ、ビカー★」


田「何それ、われが考えたん?」


山「え、ハイ。」


田「そがぁなこゆっとるからキモイって・・・ゆぅ・・ま、ま、まぁいいや。・・キッ、ガチャ、バン」


山「ガチャ、バーン!!!!!!!!!!」


田「え?何今ん?」


山「あぁ、こうやって思いっきり閉めたほうがかっこいいんじゃ、ガチャ、バーン!!!!!!!!!!!!!!!!!」


田「違うよ、スマートにガチャ、バンって閉めるほうがかっこいいんで。」


山「違いますよ、こっちの方がカッコイじゃ。ガチャ、バーン!!!!!!!!!!!!!!!!」


田「ハハ、じゃぁ5分間どっちがカッコイイドアの閉め方できるか、競争しようか。」


山「ガチャ、バーーン!!」


田「ガチャ、バン・・・・・・ウェイト!!!!!!!!!!都民が見てる!!」


山「あ・・・。」


田「東京都民の目は以外に厳しいからヤダよ~。」


山「あぁ、あとプールの監視員の目も厳しいからヤダよ~。」


田「えっ!?・・・あ、うん・・・・。まぁいいから、取り締まりゃぁじめるよ!!。」


山「できたんじゃ!!」


田「われこれ、チョウチョ結びじゃん!!スッちゃったらすぐ逃げられますよ!!って、敬語になっちゃったんじゃ。われに敬語使うと損した気分になるなー。それにわれの靴紐、両方ほどけてるって・・・われに何があったんでー!?」


山「あ、すいません。」


田「いいから、速く取り締まりだしていくよ!!」


山「いやー、ここざっと30台は駐禁してるな~?カモだぜぇ~。」


田「え?まーまーまーまーまーまー。ユンケルンバで、ガンバルンバじゃ。」


山「え!?ガンバルンバで、ユンケルンバじゃー。」


田「知っとる!!!!うもぉ言葉を入れ替えて、日本語楽しんどるんで。まーまー言っとる間に、息継ぎ一回もしてんのんじゃ。われもやったほうがえぇよ。」


山「あ、ハイー・・・。イヤー、田中さんの言っとるこたぁ、次元が違うなぁ。」


田「ハハハ・・・・。じゃぁ、さっさとやってこ。」



山「先輩、できたんじゃ!!」


田「え?何で前のエンブレムにつけてるん??」


山「はい!こがぁな方が、恥ずかしゅうてすぐに罰金払いに来るゆぅて思いましんさい!!」


田「おぉ、いいなー!!じゃあそれを俺が署長に提案してみるよ。」


山「はい、勝手にやってつかぁさい!!!!」


田「えーっ!!?何で俺だけ張り切っちゃってー!!」


山「どうせアレじゃろ?先輩だけ昇進しようとしてるんじゃろ?」


田「してんよ!」


山「してますよ!」


田「してんよ!」


山「してますよ!」


田「そりゃ、ちぃたぁしてるよー!!」


山「あ、田中署長!!」


田「あ、署長じゃ!!」


山「署長、おはようございます!!」


田「あ・・どうも・・・ウェイト!!!都民が見てる。」


山「あ、・・・ハイ。」


田「都民の目は厳しいからの。」


山「ハイ、スイマセン。」


田「あー、でも、あんまり取り締まりすぎると、ダメだぞ。」


山「いや、こがぁな奴ら、全員牢屋にぶちこんでやりゃぁいいんじゃー!!!」


田「え?まーまーまーまーまーまーまー・・・・・」(倒れて口をパクパク)


山「え・・・し、死んどる!!」


田「バカッ!!さっきゆぅたんじゃろ~??われのところまで息継ぎしてんっちんさい!!俺、われが思うとるほど、意外と速く死んじゃうから!!」


山「あ、ハイ、すまん。」


田「今、4時半だし・・5時に戻れるように車に戻ろう。」


山「いやー、先輩。今日はゆいコトしたね!!」


田「そうじゃのぉー・・・・・アレッ、パトカーが無い。」


山「あれ、先輩、鍵かけました?」


田「あ、忘れた。」


山「あ、盗まれた。」


田「また怒られる~!!!!!!!!!」