※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

88広島弁講座の、bantamです。今日は、ファンに大人気の演歌を広島弁にします。少し違うところもありますが・・うろ覚えなので見逃してください。


田「じゃぁ、講習を始めますけぇの。今日は・・・半年間続けとる山下さん。ほいでから、今日からこの演歌講習会に参加の・・・山根さん。講師の田中じゃ。宜しゅうお願いするんじゃ。」

山「(山下に)山・山コンビじゃの、よろしゅうお願いするんじゃ先輩!、よろしゅうお願いするんじゃのぉ。」

田「(ホワイトボードをカンカンと叩く)ちぃと、しぇんしぇい厳しいことで有名なんで。」

山「あ、はい。」

田「今日は・・・この(ホワイトボードに歌詞が貼り付けられとる。)『みぞれ恋』を使って、演歌の講習をしていきたいゆぅて思いますけぇの。・・・最初はまぁぼちぼちと・・。♪ひら~り~、ひら~り~、舞い落ち~る~花~に~♪・・・今日しぇんしぇい、喉の調子がえぇ。・・・はい、ここまで山下さん。・・・いや、ひらー・・・ひらー・・ひ・・ぜ、ぜ、全然ダメっ!山下さん何なんか!!半年通っとるんに!演歌はぶち真面目に歌うもんじゃろ!?それじゃけぇ・・・」

山「(口を挟む)講師、講師講師。」

田「ちぃとなんか山根さん。いま山下さんやっとるんじゃけぇ。」

山「この曲は、講師が作詞作曲した曲なんか?」

田「そうで。ここにCDもあるもん。(一瞬だけ出してまたしまう)」

山「あ、ちぃと見せてつかぁさいよ。」

田「だめで、今講義中なんじゃけぇ。」

山「あ、そうか。」

田「見たいん?」

山「いえ、今講義中なんじゃよのぉ。結構じゃ。すいません。」

田「あ、そう。ほぃじゃがこればっかしゃぁゆわせて。しぇんしぇい、見せたかったか見せとぉなかったかってゆやぁ、どっちかっちゅうと見せたかったんじゃ。」

山「あ、そうか。」

田「じゃぁ次。♪女は~今日も~男を~想う~♪はい、ここまで山根さん。」

山「♪女は~ぁ、今日~も、男を~ぉ、想う~っと♪」

田「何いっちゃんケツのこまい『と』!?」

山「あ、『と』聞こえちゃいました?」

田「聞こえたよ。」

山「いやぁこれにゃぁ深いわけがあるんじゃ。わしようお風呂場でこの曲歌うんじゃけど、何か気持ちようなっちゃって『っ~と』って着いちゃうんじゃのぉ。じゃけぇ出ちゃったんじゃゆぅて思いますけぇの。ハイ。」

田「すごい退屈な話~!!今まで聞いとって何も得るもんがなかったよ。この曲は女心を歌った歌なんじゃけぇさ、お風呂場なんかでさらっと歌わんでつかぁさいよ。」

山「え、しぇんしぇい女心わかるんか?」

田「あたりまえじゃろ!いくつじゃゆぅて思うてんのん?」

山「20くらいか?」

田「そがぁな若いわけんじゃろ。」

山「25ぐらいか?」

田「もうちぃと上で(嬉しそうに)」

山「48か?」

田「(ちぃと笑いもって)・・・・そうで。急に現実叩き付けんでよ~!もちぃと夢見させてくれるゆぅて思うとったんじゃけぇさ~!」

山「すいません。え、でも48歳で女心わかるってこたぁちゃんと結婚もされてるってことで・・・・」

田「(怒る)うるさいっ!!・・・じゃぁ次行くんじゃ。ここはちぃと伸ばして・・♪ああ~あああ~ああ~・・夢で会いたいよ~♪はい山下さん・・・・下手くそっ!!山下さん女心全然わかっとらん!女ってゆぅなぁね~!・・・」

山「講師、講師。講師講師。」

田「何か山根さんさっきから!今山下さん怒っとるんじゃけぇ!!せっかく山下さんリズムよく怒っとったのに、急にリズムが崩れたんじゃけぇの!」

山「いや、山・山コンビで助け合おうかなって思うて。」

田「何~?その山・山コンビって。」

山「いや、秘密じゃ。」

田「どーせ、山根と山下で山・山コンビじゃろ?こがぁな謎にまじめに挑んどる俺が恥ずかしいよ!」

山「それよりも講師、こぶしってどうやって回すんか?」

田「そがぁなこと初心者の山根さんに教えられんよ。」

山「いやー、わしの友達でこの『みぞれ恋』歌いょぉる人の声がえぇっていう女の子がいるんじゃ。・・メチャクチャ可愛いよ(何か企んでそうな顔)・・・紹介するんじゃよ」

田「ハハ・・・じゃあそれとかえっこ条件で、こぶしを教えるってことのぉ。」

山「ありがとの!」

田「じゃぁ最後行くんじゃ・・・、最後はまぁぼちぼちで。♪雪とぉ~消えく~・・みぞれ恋~っと!あ、『と』言っちゃった(笑)紹介されるからじゃ。はい、山根さんどうぞ。」

山「みぞれごい~っ!」

田「もうちぃとこぶし回して。首を回すとこぶしが出るんじゃ。」

山「(首をぐるぐる回す)みぞれ~ご~・・・!」

田「ちょちぃと!気持ち悪いから!!」

山「いやー、今わしみぞれ恋って歌いょぉって思い出したんじゃけど、女の子が言っとったの「しぐれ恋」じゃったんじゃね~」

田「ふざけんなよっ!!!それとかえっこ条件でこぶしのまわし方教えたんじゃろっ!!何で~俺の恋の時計が回りだしてすぐ止まったよ!!もういい!講習会中止!!山下さんもじゃ。そうじゃない、山下さんも!!(教室を出て行く)」

山「何なんじゃろぉかね~、あのしぇんしぇい!!」

外で山根の声を聞いてる田中講師。

山「いや、絶対あのしぇんしぇい女性と付きおぉたこともなぁんじゃよ!結婚もしてなぁんじゃし・・・手もつないだこともなぁんじゃよ!!(ゆいもって去る)」

田中講師、ショックで床にひざをつく。すると、みぞれ恋の曲が流れ始める。

田「(マイクを持ち、歌う)♪ひら~り~、ひら~り~、舞い落ちる~花に~♪女は~今日も~男を~想う~♪あああ~ああああ~夢で会いたいよ~♪(足の振り付け)♪あああ~あああ~あ~燃える未練山(みれんやま)~♪・・・うっぅ・・うっぅ(←泣)女と手をつないだことあるっつうのぉ~!♪」

『ありがとうございました』と口の中で言い、曲にあわせて悔しそうに膝を着く。ついた瞬間に照明が消える。




  • 素晴らしい!!
    その一言につきます。 -- 葵なみ (2006-04-28 01:25:01)
  • どうもです!!!もっと頑張りまっす、マッス!! -- bantam (2006-04-29 15:34:03)


次は、「象の飼育員」です。


象の飼育員として掃除をしとる田中。するとそこに山根があわてて走ってくる。

山「タナさん、タナさん!!」

田「ああ、ヤマさんどうしたのそがぁな取り乱して??」

山「象の花子が、病気で死んでます!」

田「えっ!!は、花子花子!!(急いで駆けつける)・・・・全然ピンピンしてんじゃない!」

山「(『してやったり』っという顔をしてる)」

田「あら、俺またヤマさんのジョークに引っかかっちゃったみたいじゃのぉぁ!?え、これで何回目?9回目?」

山「10回目じゃ。」

田「あー、ついに2ケタいっちゃったかぁ。もう、ヤマさんジョーク上手すぎるよ~!世界ジョーク選手権があったら、ちぃと金メダル取れちゃうんじゃないん?」

山「はい、・・・でもないので。」

田「あ、ほうか。それならヤマさんとって、ちぃと住みにくい世界になっちゃったな・・・・よし、ちょうど時間もえぇし、花子にえさでもあげようかの。」

山「はい。」

田「よーし花子、今日はりんごだぞ~・・・ホイ、ホイ・・・」

山「何かタナさん、わんこそば入れるおばちゃんみたいのぇ」

田「ほうかん?何かそういわれると肩に力入っちゃうな」

山「いっそのこと、わんこそば入れる人に転職したらどうか?」

田「ああ、そうじゃのぉぁ。コレを気にまぁちぃと今からいってくるわ。」

行こうとするが、戻ってきて山根の肩を叩く。

田「花子のコトは、俺が一番ようわかっとるんじゃけぇ!・・・俺じゃのぉたら、ダメなんじゃ。」

山「・・・・タナさん、ジョークじゃぉ~。」

田「あぁ、ジョーク!?もーう、また引っかかっちゃったなぁ。これ何回目?12回目?」

山「11回目じゃ。」

田「コノペースでいくともう俺死ぬまで、ヤマさんのジョーク5桁いくんじゃないの~?」

山「えー、5桁はゆいすぎじゃ~。半殺しにするんじゃよ~」

田「ヤマさん、わかっとらんの。像ってゆぅなぁコレくらいスケール大きゅぅのぉたらいけんってコトなんで。」

山「でも、それにしても5桁はゆいすぎじゃ~。半殺しにするんじゃよ~」

田「これ2回ゆぅってこたぁヤマさん本気のときじゃのぉ。ヤマさん普段ジョークが多すぎて本気だかわからんときあるからなぁ・・・危なく半殺しにされるところじゃったよ・・・。まぁ、2桁でいいよ・・・」

山「あぁ、はい。」

田「それにしても、花子はうまそうに林檎食べるなぁ。」

山「青森が林檎の名産地でえかったなぁ。われ。・・・・・なぁわれ(田中の肩を叩く)」

田「お、俺っ!?今までタナさんって呼びょぉったのに急にわれって呼ばんでよ!俺気づかんとぉに林檎あげつづけたよ。確かに青森が林檎の名産地でえかったゆぅて思うよ。ほぃじゃがそれを俺にゆわんでよ!!・・・ヤマさん、ボーっと突っ立っとらんで花子に藁のベッド作ってあげてよ」

山「ハイ(藁を持ってきてどんどん田中の足元に敷く)」

田「・・・・??ヤマさん・・・(足で藁を寄せる)」

山「(さらに敷く)」

田「ちぃと・・・・」

山「(さらにさらに敷く)」

田「俺家で寝ていいっ!?いい年して藁のベッドで寝たくねーよ!・・・・もう知らん!!」

山「あー・・・怒られちゃったなぁ。」

田「あーあ、花子はいいなぁ。ヤマさんと違って鼻で上手く林檎を食べてるんだもん」

山「あーあ、花子はいいなぁ。タナさんから林檎をもろぉて。タナさん、わしにも1つ林檎をつかぁさいよ」

田「え!?ヤマさんに?・・・・ホイ」

山根は像んように手を伸ばし林檎を食べる。

田「ありんさい!?ヤマさん像も花子に引けをとらんとぉに食べるなぁ」

山「はい、こがぁな事があろうかゆぅて思うて、去年から練習しょぉったんじゃ!」

田「ようこがぁな事があろうかゆぅて思うたなぁ。われほどの人材がどうしてこがぁなところでくすぶっとるんで。」

山「でも、左手はまだうもぉでけんのんじゃ。(左手もやる)」

田「どうして左手もやるんで。でけんなら評価下げることせんでいいじゃん。・・・まずえさも終わったし、いぬるか」

山「はい。」

田「よし、花子。いい子にしてるんだぞ」

山「いい子にしてるんだぞ(田中の肩を叩く)」

田「お、おう。」

山根が去っていくが、田中は後ろから走って追いかけてって肩を思いっきり叩く。照明が暗くなる。


次は、「寿司屋」です。



田「(寿司を握る)あらよっと、あらよっと、あらよっと、あらよっと、あらよっと、あらよっと、トロ一丁・・・・なんちゃって」

山「うぃーっす(入ってくる)」

田「ヘイ、ラッシャイ・・・あ、われか」

山「出前行ってきましたぁ~!」

田「あぁ、お疲れ。・・・じゃぁそろそろ9時過ぎるから、お店閉めてよ」

山「え、今9時じゃね、大将頭の中おかしゅうなっちゃったじゃなぁんか?」

田「大将頭の中おかしゅうなっとらんよ。われこそおかしゅうなっとらんか確認してみてよ。」

山「7時半、8時半、9時・・・あぁ、すまん、わしが間違っとった!」

田「じゃろ~!」

山「じゃぁ、わしクビになっちゃうんか??クビになっちゃうんか??(必死)」

田「そがぁなんでクビになんかせんよぉ~」

山「あぁ、ありがとの。(頭を深々と下げる)」

田「・・・・どがぁな教育受けて育ったんで~!ほら、頭上げて。もういいから。」

山「はい・・・・あれ、大将、シャリ作っとるんか?」

田「(団扇で扇いでいる)うん、そうじゃぁや」

山「あ、ちぃといいか(団扇の風でかいた汗を流す)」

田「え、ちぃと何?」

山「出前、走ってって来たのでちぃと疲れちゃって・・・すいません」

田「えー!ちぃと迷惑なんじゃけど~・・・じゃあこっち。(後ろを仰ぐ)」

山「(走ってって風に当たろうとする)」

田「チャッチャっ!ちゃっちゃっ!(シャリを仰ぎ、山根が追いついてきたのを見て)・・・もー・・・。じゃぁ、カウンターの向こう。」

山「え、あれ、ワナじゃなぁんじゃよの?」

田「ワナじゃないよ」

山は走る。そこまで行ったのを田がみゃぁろぉて。

田「チャッチャッ!チャッチャ!!・・・あー、終わっちゃった~!あー、なんかピュアな人騙すと心が痛むなぁ~」

山「あー・・・。そうじゃ、大将。わしそろそろ寿司を握りたいんじゃけど!」

田「え、練習しょぉったん??」

山「はい、一生懸命練習しょぉったつもりじゃ!!」

田「いや、しょぉったんじゃ。じゃろ?つもりならやっとらんから・・・はい、じゃぁまず見せてよ」

山「(寿司を握るが、握る瞬間に頭を左右に動かす)」

田「ちぃと待ってよ!」

山「やっとる途中で止めないでつかぁさいよ~!」

田「嫌で、俺われにすんごい興味がわいてきたんだもん。われのやっとったのコレだぜ(真似をする)」

山「そーんなこと(笑いながら)やってんよぉ~」

田「いや、やっとったんだっちんさい!!目撃者が今語っとるんじゃけぇ。」

山「いや、わしずっと一人で練習しょぉったんで、ひょっとしたら動いとったかもしれん。すまん。」

田「基本的に寿司はさ、『本手返し5手』って言って、5手で握らんにゃぁいけんのんで。・・・1手、2手、3手、4手、5手、で。(形を整えて出す)」

山「今6手目入ったじゃなぁんか」

田「入っとらんよ」

山「入っとったよ、入ったよの??」

田「・・・・(笑う)ぷっ!入ったよ。笑うの我慢したくてごまかしたんじゃ。ほぃじゃがほんまは5手で握らんにゃぁいけんのんで。やってみろ」

山「はい、(さっきと同じ握り方)」

田「えー・・・(山根の後ろに行って頭を抑える)」

山「(体が動く)」

田「(体を抑える)」

山「(また頭が動く)」

田「ちぃと、気持ち悪いんじゃけど~。どっかで何かが繋がっとるよ!?」

山「でも、できたんじゃ!」

田「できてもシャリの握り方が変で!それじゃゆぅてお客に出せんよ!」

山「え、じゃぁわしまたクビになるんか!?」

田「違うってば~!!」

山「はい。」

田「しかもわれ、返事はハイじゃのぉてヘイで。」

山「ヘイっ!」

田「よぉ来んさったは、シャイ!で。」

山「シャイ!か。他に何かあるんか?教えてつかぁさいよ教えてつかぁさいよ!!」

田「われ熱心に情報集めすぎで!何かたくらんどる人に見えるよ!!まず、リラックスしちゃっていいから。・・・じゃぁ俺いぬるから片付けだけやっといて」

山「はい、お疲れ様じゃった!(深々と頭を下げる)」

田「お疲れ~(帰る)」

~何分かして~

ずっと山根が頭を下げているのを見る田中。  

田「えぇえ!!!?」 


 照明が暗くなる。


かなりお久しぶりの更新です。今回は、学園祭行きます。



学園祭 


2人は女装して出てくる。



田「ちぃと、押さんでよ」


山「押しとらんって。」


田「こんちわーっ!」


山「こんちわーっ!」



田「本日は、京都女子大学飛翔祭(ひしょうさい)」



山「メインステージ、アンガールズさんライブに来てもらい」

2人「ありがとの。」



田「司会兼、前説をやらせて頂くんじゃ、小林と・・・・」


山、メモを見ながら、次にゆぅ言葉を確認。



田「谷茂じゃ」



山「谷茂じゃ」


2人「よろしゅうおねがいするんじゃ」


小林(田中)「まずはじめに・・ってゆぅか最初に」



谷茂(山根)「はじめにで、えかったじゃないん?」



小林(田中)「うるさい、うるさい・・・始めに、注意事項をゆいますけぇの。まず、写メールは、禁止じゃ」


谷茂(山根)「何でかっていうと、怒られるからじゃ」


小林(田中)「何でゆぅんよウチん?」


谷茂(山根)「だって、ウチの台詞少ないんだもん。」


小林(田中)「写真は、取らんでつかぁさい」


谷茂(山根)「何でかっていうと、怒られるからじゃ」



小林(田中)「あと、ゴミを投げんでつかぁさい、何でかってゆぅと、怒られるからじゃ!!」



谷茂(山根)「それウチにゆわせてよー。」



小林(田中)「うるさい、うるさい・・・。いやー、それにしてもすごい人じゃのー。」




谷茂(山根)「今日は、1100人くらいいるようじゃー。」




小林(田中)「えー!?そうなんかぁ~!?(ちぃと大げさに)でも、わしって小林っていうかは、大林じゃねー。」




谷茂(山根)「そうじゃのぇー。(小林を見る)」




小林(田中)「(小声で)そーじゃのじゃない、小林っちゅうかは大林なんじゃって・・」


その声、全員に聞こえとる(笑)





谷茂(山根)「こ~・・・小林・・・と、いうかは、大林じゃねー。」




小林(田中)「ちぃとぉ~。(谷茂の肩を叩く)・・・皆ちゃんゆぅて聞いてつかぁさい!ちゃんゆぅて聞いとらんと、アンガールズさんライブを中止にすることがあるんじゃ!!」




谷茂(山根)「小林さんを、怒らせんでつかぁさい!!」




小林(田中)「あんまり怒らせんでよっ!」




谷茂(山根)「小林さんが怒ると、わしがクレヨンしんちゃんのモノマネせんと、治んないんじゃけぇ。」




小林(田中)「アレ似てんよー。」



谷茂(山根)「似てるよー・・・。あ、でも、小林さんは、しゃくとりむしのモノマネが、うまいよのー。」


小林(田中)「えっ!?・・・(小声で)でけんよっ!」



谷茂(山根)「え、だってっつも腰かがめちゃってんじゃん」



小林(田中)「え、あれちぃとでも背低くしようゆぅて思うとるんじゃぁや」


谷茂(山根)「え、そうなん?ずっとしゃくとりむしのモノマネしてるんじゃゆぅて思うとった!!」


小林(田中)「そがぁなこと、せんよー。野原、歩いてるときならわかるけどー。」



谷茂(山根)「・・・・・。(田をじっと見る)」



小林(田中)「な、何よ」




谷茂(山根)「あぁ、ゴメン」



小林(田中)「じゃーねー、今回アンガールズさんがジャンガジャンガやるって聞いたけぇ、わし達なりのジャンガジャンガ考えてきたんでねー。」


谷茂(山根)「うんうん。」



小林(田中)「ショートコント、えび」



小林(田中)「ねぇねぇ谷茂さんって、えび食べれる?」




谷茂(山根)「食べれるよー。」



小林(田中)「わし、食べれんのんでねー。」


谷茂(山根)「へぇー、えびみとぉな顔なんにねぇ~。ハイッ!」


小林(田中)「ちぃとぉ~・・・」



2人「ジャンジャンジャンガジャジャーン!!(両手を頭の上)」



小林(田中)「ねー、カッパえびせんじゃったら食べられるんにね」



谷茂(山根)「うんうん」


小林(田中)「続きまして、ショートコント。頭に気をつけて」


小林(田中)「楽しかったねー、また行こうね」


谷茂(山根)「ねー。・・あいたっ!(頭をぶつける)」


小林(田中)「えー、大丈夫~?」


谷茂(山根)「はー、あんたも気をつけてのぉ。大林さん」


小林(田中)「こーばーやーしー!・・・ハイッ!」


2人「ジャンジャンジャンガジャジャーン!!(両手を頭の上)」



小林(田中)「続きましてショートコント、えび」


小林(田中)「ねぇねぇ、谷茂さんって、えび食べれる~?」


谷茂(山根)「食べれるよぉ~」


小林(田中)「あー、わし食べれんのんでねー。」



谷茂(山根)「へぇー、えびみとぉな顔なんにねぇ。」


小林(田中)「ちぃともーう!!・・・あれ、このショートコント、さっきやったんじゃん、ジャジャン、」



2人「ジャンジャンジャンガジャジャーン!!(両手を頭の上)」


小林(田中)「これ見つけたとき、やったって思うたよのぉ。」


谷茂(山根)「思うた思うたんじゃ。」


小林(田中)「続きましてショートコント、テーブルクロスグダグダ引き抜きパート2」


小林(田中)「え、われ、テーブルクロス引き抜きできるん~?」


谷茂(山根)「うん、できるんで~」


小林(田中)「え、こがぁにお皿とかコップとかあるんに大丈夫~?」


谷茂(山根)「大丈夫で、見ててよ。3,2,1・・・」



小林(田中)「ヒョイッ!(山のひじをよける)あ、腰痛めたぁ~!」



谷茂(山根)「ジャンガジャンガジャンガジャンガジャーン!(1人で)」


田中は、ドラムを叩くマネ。



小林(田中)「ちぃと、ドラム入りバーージョンやっちゃったんじゃ。」


谷茂(山根)「ハハハ」


小林(田中)「ちゃんと見てつかぁさい!!もう、どーなっちゃんてるんか!?もうアンガールズさんライブを中止しもぉす!!」


谷茂(山根)「小林さんが怒ったぁ~。」


小林(田中)「どーなっちゃっとるんか!!どーなっちゃっとるんか!!」


谷茂(山根)「小林さんが怒るゆぅつもこうじゃけぇ・・・もうしゃぁないな・・・オラは野原しんのすけでぉ~。オラは野原しんのすけ~。」


小林(田中)「はは・・似てんよ~。」


谷茂(山根)「似てるよー、・・・オラは野原しんのすけでーす。」


小林(田中)「ハハハ・・・あ、あともう時間が来たようじゃ!!アンガールズの、田中さんと、山中さんじゃ!!どーぞー!!」


谷茂(山根)「山根さんじゃろ、山根さん」


照明が暗くなる。


次は、電気屋です。

電気屋


田「カッキーン!!」


山「オーライ、オーライ」


田「オーライ、オーライ」


2人はぶつかってこける。


2人「どーもー、アンガールズでーす。」


山「今日は、草野球をしとる途中でーす」


田「アイアイ、ボールを捜す前に、さっさとコント終わらせちゃいましょー」


山「アイアイ、コント、電気屋」


山はなにかをけつりもっちゃってくる。


田「あれ、山根」


山「おう、田中」


田「何やってんのん?」


山「ビー玉落ちとったけぇ、けつってきたんで。」


田は、それを拾おうとする。


山「(慌ててひらう)あ、危なっ!」


田「何か勘違いされてしもぉたみたいじゃのぉ~。それひらう気ないから。」


山「それよりわれ、何やってんのん?」


田「あー、修学旅行でデジカメ使うから買おうゆぅて思うて。電気屋についてきてくれん?」


山「えー、ヤダよっ」


田「ええっ!?・・じゃあガムあげるから。」


山「え、魅力的じゃのぉぁ。一応、風船ガムか、チューインガムか、どっちあるか聞いてもいい?」



田「いいよ」


山「風船ガムか、チューインガムか、どっちなん?」


田「どっちもあるよ」


山「おー、じゃぁ風船ガムくれよ、風船ガムの方がおもしろそうじゃけぇ」


田「ハイ。」


山「(口に含むが、すぐ捨てる)ふっ!」


田「なーんじゃぐ捨てるんでー!!」


山「えっ!?味がなくなるんがヤじゃけぇすぐ捨てたんじゃぁや」



田「それならチューインガムにしてよー。あのガム1回も風船にならんとぉに死んじゃったよ。でも、まぁガムあげたんじゃけぇ、店についてきてもらうよ」



山「いいよ」


田「じゃぁこっちから回っていこう」


山「あれ、ちぃと待って。このガードレール飛び越えたほうが速いんじゃない?」


田「じゃぁ、どっちがガードレール、カッコよう飛び越えられるか勝負しようぜ」


山「うん、いいよ」



2人はタイミングよう、飛び越えるが、そろって腰を痛める。ほいで、2人は店の前まで来る。


山「あ、自動ドアだ!!危ないっ!!」


田「わしちぃと、名誉挽回するわ。自動ドアってなぁ、閉まる寸前に入るんが、カッコいいんで、見とけ・・・・・ガチャーン!!(挟まる)」


山「(その間に通る)おぉ~、イエーっ!!」


田「やめろよ」


山「イエ~っ!」


田「やめろよ」


山「いえ~!」


田「一生やっときんさい!!」


山「(手を隠して、静かになる)」



田「あ、一生やるなぁヤなんだ・・・・・・・・・・・・・。あ、デジカメコーナーがいきなりある!!」


山「え、われいきなりあるゆぅて思うとったん?」

田「思うとらんよ、そがぁな先々まで読んで行動せんよー!!われわしのこと高く評価しすぎで!!」


山「あれ、われデジカメ買うん??」


田「買うよ!わしだけ1人ぼっちになるんヤダもん」


山は笑う。


田「あれ、何で笑っとるん?」



山「いやぁ、われが1人ぼっちになっとるトコ想像してしもぉた(ペロ)」



田「手首舐めるなよ~!その一仕草でわれからすっごい危険な香りがしてきたよっ!?」


山「あれ、そーゆやぁわれ、デジカメこぉてなにすんのん?」


田「え、そりゃさっきゆぅたけぇ教えん」

山「え、何?」


田「え、さっきゆぅたっていう理由じゃ足りない?」


山「いいじゃねーか、教えろよ、教えろ!!(飛びけつり)」


田「うわ、われから危険な香りがするゆぅて思うとったら、エンゼイけつりかよ。そがぁな高度な技やるから、そがぁなことになるんで。・・じゃぁもう1回うよ、皆と同じことするんで。」


山「ふーん、激写するんか。」

田「そ、そりゃ激写もするよ。たまたま撮った1枚が意外なもんじゃったりすると、後で皆でビックリするんで。」


山「え?われの顔写真なんか、どれ見てもびっくりするよ!!」


田「ハァアアアアッ!?」


山「あ、ゴメンゴメン。」


田「われ、ゴメンゴメンで済むゆぅて思うとるんかよ!?」


山「うん」


田「お、おぉお・・・そがぁな強気でゆわれると、ちぃと自信なくすよ。」


山「いいから、選べよ。どれ買うの」


田「これか、これ買おうゆぅて思うんじゃが。」



山「それで、われ何画素買うん?6000万画素??」



田「え?そがぁな画素数じゃったら毛玉が映るよ~?」


山「毛穴じゃろ、毛穴。」


田「あ、そうそう毛穴毛穴・・・・。600万画素を買おうゆぅて思うとるんじゃが。」


山「へぇー、われにぴったりの画素数じゃゆぅて思うよ。」


田「え、どうして?」


山「え、人に聞く前に自分で考えんとバカになるよ!?」


田「え、何で?」


山「あ、また聞いたけぇまたバカになった!!」


田「わし、バカじゃねーよ!!」


山「あー、バカじゃない人は『バカじゃない』ってゆわんもん。」


田「あ、ほうか。じゃぁわしバカじゃ。あー、じゃぁバカで何考えても一緒じゃけぇ、こっちにするよ。」

山「(デジカメを持つ)あれ、こっちの方がいいんじゃないん?」


田「え、ちぃと見せてよ」



山「(上にあげる)ヤダよ」

田は、山の持ってるデジカメを取ろうとしたが、こける。



田「こ・・コケタじゃろ!!何なんで、わし。ガードレールでコケちんさい!!自動ドアにゃぁさまれちんさい!!バカを売りにするしかのぉちんさい!!こがぁにちこぉにいるんに、何だかわれがすっごい遠い存在に感じるよ!!もういねよ!!いね(たってレジに出す)コレつかぁさい・・・え?5万3千円もするんか?5万しかもって来てねーよ・・・。」


山「あ、コレ3000円分のポイントカードなんじゃけど、もしよけりゃぁ使ってつかぁさい。」


田「・・・ヤマネー!!!!」



2人「ハイ、これでコントは終わりじゃ」


田「えーと、何やっとったんだっけかな・・・あ、野球だ!!」


山はボールを拾うが、どこへも投げられない。


田「われ、3塁3塁!!・・いやホームホーム・・オォオ、われビヨビヨしすぎ!!」


照明が暗くなる。


名前:
コメント: