星空の表現(GIMP)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

星空の表現


GIMPで星空のテクスチャを作ってみました。
過去にPhotoshopなどでも作った事があったのですが、違うソフトにも応用できるかなー?という感じで。

基本的に同じような機能があるソフトでは作成可能ですので、応用すれば違うソフトでも作成できます。

共通の流れはこんな感じです
  • 背景を黒で塗りつぶす
  • ノイズを付加する
  • (場合によっては諧調の反転)
  • 明るさとコントラストを調整する
  • レイヤーを複製してぼかす(更に明るくする)
  • 複製したレイヤーのモードをスクリーンに設定
  • 必要があれば色調の調整を行う

今回はGIMPで作成しましたので、その過程を公開します!

ファイル新規作成

ファイル新規作成から新しいファイルを作成し、黒色で塗りつぶしを行う。

ノイズの作成

  • フィルタ→ノイズ→RGB拡散の手順でノイズを作成。
RGB独立にのチェックを外した方が作りやすいです。


ノイズの調整

ここまで実行して画像を見ると明るすぎるので、明るさとコントラストを調整します。
  • レイヤ→色→明るさコントラストから行います。
数値はプレビューを見ながら、適当な値にします。
明るさ:70前後
コントラスト:120前後
がお勧めです。
表現したい星空の様子によって加減します。


レイヤーの複製

現在作成中の画像をレイヤーとして複製します。
レイヤーを選択してドラッグします。


明度伝搬

先ほどの複製した画像の光の部分を大きく明るくします。
  • フィルタ→歪み→明度伝搬
より白く(明度大)
伝搬率は0~1にかけて明るくなります。
明度伝搬をすると、明るい部分が四角っぽくなるので暈しをかけます。
  • フィルタ→ぼかす→ガウシアンぼかし (1.0~2.0位)


レイヤーモード変更

完了したら複製したレイヤー(明度伝搬やぼかしを行った方のレイヤー)のモードをスクリーンに変更します。

作業の流れ

制作の流れを確認します。
  1. 明るさとコントラスト調整後
  2. 明度伝搬(複製レイヤー)
  3. ガウシアンぼかし(複製レイヤー)
  4. 複製レイヤーのモード変更

さらに、作成したものに色を付けることも可能です。
詳しくは星空の表現2(GIMP)に記載しています。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。