Ajax


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

正式名称 (Asynchronous JavaScript + XML)
JavaScript CSS DOM XML XMLHttpRequet サーバーサイド(PHP Perl? Java DB など)を組み合わせて連携することが可能。
  • XHTML?CSSを用いたプレゼンテーション
  • DOMによる表示、相互作用
  • XMLHttpRequetによる非同期通信を行う
  • 上記のものをJavaScriptによって結びつけを行う

利点

  • 必要なデータのみを取得できる点。
  • サーバーサイドの場合にサーバーに掛かっていた負担がクライアント側に移り軽減する点。
  • 画面遷移を必要としないアプリケーションが作成可能になる。(webブラウサみので動作)

欠点

  • Javascriptがブラウザ上で実行される為、OSのやブラウザの違いに弱い事。
  • セキュリティの低下を招く恐れがある。
    • URIが見えない状態
    • 通信が行われているのかが分かりづらい。
    • Javascriptを有効にする必要がある
  • XMLHttpRequestに標準がないので、文字コードMIMEタイプの扱いについて、ブラウザによって微妙な違いが生じる事。
  • Ajaxエンジンからアクセス可能なので、元ページと同じドメイン内のURLのみである事。
  • プログラムが簡単に覗けてしまう。

Ajaxの利用例


参考外部リンク

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。