PictBear


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PictBear SecondEdition概要

フリーのレタッチ系画像加工ソフト。フリーソフトであるGIMPPixiaと比較した時に、インターフェースが分かり易く使いやすいような気がします。
(※個人差があり、使いづらいと感じる人もいるかも知れません。画像の加工ソフトは他のものを使った事があると馴染めない事もあります。)

GIMPの方が機能も多く、Pixiaの方がお絵かきさんには向いているかなぁと個人的には思うのですが、写真の加工やレタッチなどの動作には向いていると思います。
また操作が一番分かり易く、直感的で使いやすいです。
少し残念なのは、色調補正などを行うときにプレビューを見ながら値を変えられない所です。

  • 強力なカスタマイズ機能
  • レイヤー機能
  • GIF/PNG/JPEG の読み書きが可能
  • フィルタ機能(フィルタの拡張が可能)
  • 処理の自動化を行うスクリプト機能
  • UIが分かり易く簡単に使用可能
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。