※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

元素値の算出法

2017-08-19 05:01:00 (Sat)
前知識
  • 素材数-主素材1,副素材1~3
  • 元素値-赤青緑空(各-10~10)


案1

合成は、主素材を副素材で強化するように行う。
そうなる様に、副素材の元素値の平均(に係数をかけたものを)を
主素材に加算する方法がある。以下その式
主+a*(副1+副2+副3)/x (a:係数,x:副素材の数)

この方法には問題が1つ。
結果物を素材にし、合成を繰り返すと際限なく値が上がってしまう。
これを防ぐには主素材にも適当な係数を掛ければいい
a*主+b*(副1+副2+副3)/x (a,b:係数,x:副素材の数)

この式の性質
  • 元素値の低いアイテムは元素値を上げやすい、高いアイテムは上げにくい
  • 用いる素材によって合成物の素材値が大きく異なる
    • 同じアイテムでも、まったく違う元素値を持つことになる


案2

案1を少し変更、式のみ示す
a*主+b*副1+b*副2+b*副3 (a,b:係数)
  • 副素材が多いほど合成物の元素値が高い


案3

合成物のアイテム類に設定されている値に、
素材の元素値の合計を加える方法がある
a*結果物のアイテム類の元素値+(b*主+c*副1+c*副2+c*副3) (a,b,c:係数)

この式の性質
  • 元素値が合成物のアイテム類にある程度制限される
  • 元素値の上げやすさが元素値の高低によらない
  • 副素材が多いほど合成物の元素値が高い


決定

案3でいく
問題は係数をどの程度にするか
とりあえず感覚で
結果物 主素材
0.7 0.3 0.1
この値を基本に、制作していく中で適宜変更。

  • 現時点では、元素値はゲームバランスに直結する要素ではない
    • ある程度いい加減で(むしろいい加減の方が)いいかも知れない


 - - -
[アイテム類]
  • 一つの実体のアイテムではなくそのアイテムと同じ種類のもの全体
    • 種類と言っても武具などの分類のことではなく、あくまで1種のアイテム(鉄の剣等)
  • ”the”ではなく”a”の意味




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー