※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(試合前、特設のモニターに突如映像が映し出される。
 映し出されたのは、海をエンジョイする遠津法一その人であった。)

遠津「いやぁ、Genesisの選手達の熱戦を間近で見られて、
   なおかつ取材の合間にこうしてひと夏のアバンチュールを
   楽しめるなんて・・・・・・ホント、最高だなぁ!」

(空を見上げ、最高の笑顔を見せる遠津法一。その時!)

??「・・・・・・ダークダクダク、ソールソルソル・・・・・・」
遠津「!こ、この忌まわしい響きはもしや・・・・・・・ああっ!!!!」

(振り向くとそこには、かき氷の屋台の中で白目をむいている
 麦わら帽子をかぶったダーク・ソウルの姿が!)

遠津「だ、ダーク・ソウル選手!!」
DS「・・・・・・ソウ、我ガ名は、ダーク・ソウル・・・・・・・・。
   良ク、分カッタナ。」
遠津「な、なんで貴方がここにいるんですか?
   今度は一体何を企んでいるんですか!?」
DS「(右人差し指を立てチチチ、と首を横に振り)
   タダで教エテヤル訳ニはイカナイ。
   ・・・・ソウダナ、ワがカキ氷ヲココデ食シテイクとイウナラ
   教エてヤラんデモ無い。」
遠津「!!ほ、本当ですか!?」
DS「アア、本当ダッテ!!」
遠津「わ、分かりました!それじゃあ氷イチゴ1つお願いします!」
DS「・・・・・・・・・・・・ン。
   シカラバソコで待ッテイルがイイ。」

(指差されたベンチに腰掛け汗を拭う遠津法一。
 しばしの後、目前に特大のかき氷が差し出される。)

DS「・・・・・・・・・・待タセタナ。」(ドン)
遠津「お、これはまた見事なかき氷ですね。
    しかもシロップがたっぷりかけてあって、もう真っ赤ですよ!」
DS「・・・・・・・・・・・・フハハハハ、褒メヨ称エヨ(▽v▽)」
遠津「あ、でもコレ、本当にイチゴなんですか? 
    もしかしたらいつもの毒霧かなんかだったりなんかして?(^^」
DS「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(-w-)」
遠津「・・・・・・・・・な、何で急に黙るんですか!?Σ(T□T)」   


(色々あったが何とか食べ進める遠津法一。
 気がつけばあれだけあった氷イチゴも最後の一匙を残すのみ)

遠津「ふぅ・・・・・・・・さすがにこの量は厳しかったなぁ。
   でも、これを食べればダークソウルの謎がついに明らかに!!
   デスク、遠津法一は男になります!!でやーっ!!」

(気合一閃、残りを全部平らげる遠津法一。
 さしものダークソウルも感嘆しているらしく、白目をカッと見開いている。)

DS「・・・・・・・・ムゥ、汝、実ニ見事ナリ。(▽v▽)」
遠津「こ、これが闘強スポーツ記者魂ですよ。ダークソウル選手!!!」

(そういってビシッと勝利のVサインを掲げる遠津法一。
 ダーク・ソウル、それを満足そうに眺め、ゆっくりと頷くと)

DS「・・・・・・・・2杯オカワリ追加。」
遠津「え、えええええええッ!!??Σ(゚□゚;;;;
    (自分のVサインにようやく気付いて)
   ち、違うんです、ま、待って下さいダーク・ソウル選手!!
   これは2を意味したんでは無くて勝利のV・・・・・・・・・・」       
DS「・・・・・・・・・・待タセタナ。」(ドドン)
遠津「・・・・・・・・・・・・(T△T)」


(刹那、どこからともなく猫の鳴き声が。
 よく見ると、遠津の足元に一匹の黒猫がチョコンと座っている。
 その姿を見たダーク・ソウル。おもむろに麦わら帽子を取り)

DS「・・・・・・・・フハハハハ。次ナル魂ガ遂ニ見ツカッタカ。
   ・・・・・・・・面白イ。ワが邪界ニ誘ッテクレヨウ(▽v▽)」

(そう言うと魂の抜け殻のようになってる遠津に対し)

DS「・・・・ソウソウ。オ代ニツイテハ後日邪界ヨリ請求書をソナタノ元へ
   送ラセテモラウ。楽シミにシテルガイイ。
   ・・・・・・良イカ、ワが名ハ、ダーク・ソウル・・・・・・。
   ・・・・・・マタ、逢オウ。」
遠津「!ま、待って下さ・・・・・・・・!(頭を押さえ)
    ・・・・・・・こ、氷の食べ過ぎで頭がキンキン・・・・・(TT)」

(悶え苦しむ遠津がようやく頭を上げたとき、
 既にそこにはダーク・ソウルの姿は無かった・・・・・・・・)