※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(試合前、場内のモニターに突如映像が映し出される。
 映し出されたのは、Genesis in 七夕祭を取材する遠津法一その人であった。)

遠津「・・・・・・今日は年に一度、彦星と織姫が天の川で再会する日。
   いやぁ、ロマンチックだなぁ。」

(一人、星空のロマンに思いを馳せる遠津法一。その時!)

??「・・・・・・ダークダクダク、ソールソルソル・・・・・・」
遠津「!こ、この聞き馴染みのある声はもしや・・・・・・・ああっ!!!!」

(振り向くとそこに、青い短冊を持って笹に接近するダーク・ソウルの姿が!
 慌てて物陰に潜む遠津法一。)

遠津「こ、こんなトコロに出没してるなんて・・・・・・。
   しかもあれは・・・・・・短冊??
   ま、まさか、星に呪い、もとい、願いをかけようと
   いうのか、あのダーク・ソウルが!?(--;」

(動揺する遠津記者をよそに、短冊を笹の葉にくくりつけるダーク・ソウル。
 願をかけるように手を合わし、そして、立ち去っていく。)

遠津「い、行ってしまった・・・・・・・・。
   (しばし呆然とたたずむも、突然我に返り)
   ハッ!!あの短冊!!
   そうだ、あの短冊に一体何の願いを託したのかが分かれば
   彼女の目的や野望、そして正体について何か分かるかもしれないぞ!
   よし、そうと分かれば早速!!」

(一路、笹のある場所へダッシュする遠津記者。
 瞬間、笹のある場所へカメラが切り替わる。)

遠津「(ガサゴソ)えーっと、青い短冊、青い短冊と・・・・・。
   ん、この中の方にかけてある青い短冊は・・・・・・。
   (チラリと見て)ああ、これだ!端に名前が書いてある!!」

(カメラがズームインすると、そこには『堕悪奏流』の4文字が
 あり、さらによく見るとその脇に平仮名で『だあくそうる』と
 フリガナが振ってある)

遠津「(ゴクリと息を呑み)
   ・・・・・・さぁ、一体何の願いを託してたのか・・・・・いざ!」

(視線を短冊に這わせる遠津法一。するとそこには!)


『 ユ ッ ク リ と 後 ろ ヲ 向 ケ 
                      堕悪奏流 』


遠津「????なんだコレ?これがお願い??
   後ろを向くと、どうなるっていう・・・・・・」
??「・・・・・・ダークダクダク、ソールソルソル・・・・・・」
遠津「!!!・・・・ンだッ!?Σ(゚□゚;;」

(・・・・・・そう、後ろを振り向いた遠津記者が見たものは、背後に仁王立ちする
 ダーク・ソウル、その人であった。)

DS「・・・・・・・・謎ヲ探ル者・・・・・・許スマジ(▽_▽)」

(刹那、赤い毒霧が、驚愕の表情で固まる遠津記者の顔面に炸裂する!)

遠津「!ぐぶひゃ!!目が、目がァ~(T_T)」
DS「・・・・・・我ガ願イ、確かニ実現セリ。ビバ七夕!(▽v▽)
   ・・・・・・良イカ、ワが名ハ、ダーク・ソウル・・・・・・。
   ・・・・・・マタ、逢オウ。」

(七転八倒する遠津法一がようやく起き上がった時、
 既にそこにはダーク・ソウルの姿はなかった・・・・。)