※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(試合前、場内のモニターに突如映像が映し出される。
 映し出されたのは、メモを片手に公園をさすらう遠津法一その人であった。)

遠津「うーん、ここに来ればあのダークソウルと接触出来ると
   言われて来たんだけどなぁ。」

(メモを見て呟く遠津。メモには黒のマジックで大きく『公園』とだけ書いてある。)

??「・・・・・・ダークダクダク、ソールソルソル・・・・・・」
遠津「!こ、この声はもしや・・・・・・・ああっ!!!!」

(振り向くとそこに、一人でシーソーに興じているダーク・ソウルの姿が!)

遠津「だ、ダーク・ソウルさん!探しましたよ!!!」
DS「・・・・・・ソウ、我ガ名は、ダーク・ソウル・・・・・・・・。
   良ク、分カッタナ。」
遠津「さ、早速ですが教えてください!!
   貴方の正体は、目的は、一体何なのですか!!??」
DS「(右人差し指を立てチチチ、と首を横に振り)
   タダで教エテヤル訳ニはイカナイ。
   ・・・・ソウダナ、今ココでシーソーの相手をシテクレタラ
   教エてヤラんデモ無い。」
遠津「!!ほ、本当ですか!?」
DS「アア、本当ダッテ!!(そういって招き寄せる)」
遠津「そ、それでは、不肖、この遠津法一!!!
   ダーク・ソウル選手のお相手を務めさせて頂きます!」

(そういってシーソーに座る遠津法一。
 刹那、腰を浮かせていたダーク・ソウルが体重をかけると、
 遠津の側のシーソーがハネ上がり、その状態で静止する。)

遠津「え!?な、なんでこっちが??えいッえいッ!」
   (いくら体重をかけてもシーソーは微動だにしない)
DS「フハハハハ・・・・・・。
   ・・・・ソノ程度ノ身体デハ、我ガ魂ニハ通用シナイ。
   (右人差し指を立てチチチ、と首を横に振り)
   通用、シナイッテ!!!(▽v▽)」

(そう言うと、おもむろに懐から砂時計を取り出し)

DS「・・・・・・・・オット、時間ダ。
   ・・・・・・良イカ、ワが名ハ、ダーク・ソウル・・・・・・。
   ・・・・・・マタ、逢オウ。」
遠津「え、ちょっとダーク・ソウル選手!!(゚_゚;
   この状態でいきなりシーソーから離れられたら・・・・
   う、うわああ!!!Σ(T□T」

(刹那、シーソーは逆転し、遠津記者、勢い良く地面に尻を叩きつけられる)

遠津「グアッ!!!!
   ・・・・・ぐ、ぐぎぎぎ・・・・・・。
   ま、待って下さい、ダーク・ソウル選手・・・・・。」


(そういって必死に顔を上げる遠津法一。
 しかしそこには既にダーク・ソウル選手の姿はなかった・・・・。)