※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(夜の神社、一人、階段をうさぎ跳びで登っていく人間がいる。
 暗闇のため顔は判別できないが、黒いTシャツ越しにもその身体が鍛え抜かれている事だけは見て取れる。 
 階段を必死に登っていくその人間。やがて、ゴールが見えてくる)


??「ハァ・・・・ハァ・・・・もうすぐ・・・・1000段だ・・・・・・。
   996・・・・997・・・・998・・・・99・・・・・・・・」

(999段目にさしかかったとき。突如、どこからともなく謎の声が響いてくる)


謎声「フハハハハ・・・・闇の中、さすらう者よ。」
??「!?・・・・・・誰だ、アンタは!?どこにいるんだ?出て来い!」
謎声「予言の通りだ・・・・・・丑三つ時、999の段を刻むもの、我が魂にその身体を捧げん・・・・・・・。」
??「っく・・・・・・・何だ・・・・・・アタシの・・・・・・カラダが・・・・・・」
謎声「・・・・・・・・ダークダクダクソールソルソル・・・・・・。
   眠れ、そして、目覚めよ!!!」

(一瞬、その場に閃光が走り、闇と沈黙が再びその場を包むこむ)


??「・・・・・・・・・・・。」
(階段の999段目、その女は倒れこんだままでいた。
 刹那、風が彼女の頬を撫でる。)


??「・・・・・・・・ン。」

(意識を取り戻しゆっくりと起きあがってきた彼女。
 だが・・・・・・・・その顔には邪悪な表情と奇妙な模様が刻まれ、
 そして何よりその目は・・・・・・・・白目をむいたままだった。)


??「・・・・・・・・・・我、目覚メたり。
   我ガ名は・・・・・・・・ダーク・ソウル・・・・・・・(▽v▽)」


(・・・・・・いつしか、夜は明けようとしていた。)