プロローグ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

後の世の者は、この荒々しくも眩しかった
数世紀を振り返り、こう語る。
大地が、空が、そして何よりもそこに住まう人々が、
最も生きる力に満ち溢れていた時代であったと。
世界は、今よりもはるかに単純にできていた。
すなわち、狩るか、狩られるか。

明日の糧を得るため、己の力量を試すため、
またあるいは富と名声を手にするため、
人々はこの地に集う。

彼らの一様に熱っぽい、
そしていくばくかの同系を孕んだ視線の先にあるのは、
決して手の届かぬ紺碧の空を自由に駆け巡る、
力と生命の象徴━すなわち、飛竜たち。

鋼鉄の剣のこすれる音、
大砲に篭められた火薬のにおいに包まれながら、
彼らはいつものように命をとした戦いの場へと赴く━。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|