※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

                                             マクロビオティック 

   マクロビオテック)は、100年以上も前の日本で生まれた食事法なのです。
マクロ・ビオティックとはギリシャ語で「不老長寿、長生き法」といった意味もあります。
考え方の基本は「すべての健康な肉体と精神、病気は食べ物と環境からくる」ということです。
現代人の多くが病んでいるの原因は間違った食事のとり方で、本来の自分に合った食事をとれていないということがあります。
人間は生まれ育った環境の食べ物が一番合っているという考え方から生まれ育った環境(土地)で採れる穀物菜食を中心とした食事で健康になるということです。

心身共に美しく豊かに生きるために誕生したマクロビオティック(マクロビオテック)は、現在アメリカを中心に世界中に受け入れられつつあります。
マクロビオティックにもっとも熱い視線を注いだ国が、なんとアメリカでした。

 

マクロビオテックの食事法は、アメリカ栄養士会・アメリカ臨床栄養学会・アメリカ医師会・アメリカ癌協会・アメリカ糖尿病協会などから栄養学的にも問題のないことが認められています。
また、現在ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学のカフェテリア・メニューのひとつとしてマクロビオテックが提供されているほどです。

 

そしてマクロビオティックの考え方は、アメリカをはじめヨーロッパ、アフリカ、インドなど世界各地各所でも認められ、人々の食べ物に対する意識は大きく変化しています。

 

マクロビオティックを取り入れている人が多いのがアメリカです。
クリントン元大統領やマイケル・ジャクソン、マドンナ、トム・クルーズなど、多くの有名人やハリウッドスターが、こぞってマクロビオティックを実践しているようです。

 

やはり健康に対する意識が高い人が多いのでしょう。。
体にいいとわかれば、何でも積極的に取り入れるアメリカ人ですが、このマクロビオティックをアメリカで広めたのは、久司道夫さんという日本人だそうです。
マクロビオティックの世界では名前の通った先生で、アメリカではとても有名なのだそうです。

 

アメリカで流行ったものは、日本でも流行するといわれますが、マクロビオティックは、もともとは日本古来の食事が原点であるともいわれています。

 

かつての日本人が当たり前のように食べていた玄米や野菜や穀物、海草類を中心とした食事が、アメリカ経由で日本でも見直されているというのは、何とも皮肉な感じがしてしまいます。

 

マクロビオティックにおいては、玄米食が勧められていますが、玄米食といえば、昔の日本では当たり前のように食されていました。
最近でも、健康食として注目されはじめたため玄米食を摂る人が増えてきているようです。

 

玄米は低カロリーで、ビタミンが豊富に含まれており、食物繊維が白米よりも数倍多いのだそうです。
体の中で消化できない食物繊維は、老廃物とともに、便として体外に排出されます。
つまり、便通が良くなって便秘の解消につながるということですね。

 

こうして見ると、玄米を食べるというマクロビオティックは、ダイエットの効果が期待できることがわかります。
カロリーが低いということ、食物繊維によってお通じがよくなること、(便秘というのはダイエットにとって良くありません。)
こうして見ると、玄米を食べるというマクロビオティックは、ダイエットの効果が期待できることがわかります。
カロリーが低いということ、食物繊維によってお通じがよくなること、(便秘というのはダイエットにとって良くありません。)
こうして見ると、玄米を食べるというマクロビオティックは、ダイエットの効果が期待できることがわかります。
カロリーが低いということ、食物繊維によってお通じがよくなること、(便秘というのはダイエットにとって良くありません。)
また、ビタミンが豊富に含まれているので、ダイエットにありがちな栄養不足を防ぐことができます。