※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SAMを用いたライトストラテジ最適化技術

New Method for Adjusting Write Strategy using Sequenced Amplitude Margin


English / Japanese



概要:

光ディスク上に記録マークを形成するためにライトストラテジと呼ばれるパルスパターンの照射を行う.高密度記録のためのデータ検出方式PRML(Partial Response Maximum Likelihood)を用いたシステムを評価する指標としてSAM(Sequenced Amplitude Margin)がある.SAMを基準とした新規指標を用いて,パルスだけでなくパワーのずれの方向と大きさを検出し,ライトストラテジを最適化する手法について報告する.検証結果より,本手法にて的確な調整が行われ,良好なビットエラーレートと記録パワーマージンが確保できることを示す.

Abstract:

We proposed a new method for adjusting write strategy in partial response maximum likelihood systems. It utilizes novel indices calculated from sequenced amplitude margin and produces both a low bit error rate and a wide recording power margin.

Keywords:

光ディスク, PRML, ビットエラーレート, 記録パワーマージン, SAM, ライトストラテジ
optical disk, PRML, bit error rate, recording power margin, sequenced amplitude margin, write strategy



Y. Adachi, A. Etoh, M. Ishii, S. Maeda and K. Kojima:
New Method for Adjusting Write Strategy Using Sequenced Amplitude Margin,
International Symposium on Optical Memory and Optical Data Storage (ISOM/ODS), TuB3, 2005.

Y. Adachi, A. Etoh, M. Ishii, S. Maeda and K. Kojima:
New Method for Adjusting Write Strategy Using Sequenced Amplitude Margin,
Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 45, No. 2B, pp. 1061-1065, 2006.

足立佳久, 栄藤淳, 石井光夫, 前田茂己, 小嶋邦男:
SAMを用いたライトストラテジ最適化技術,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 105, No. 360, CPM2005-147, pp. 19-23, 2005.