iPAQh4150が正しく進化したら、こうなってたはずのn300(n311)と、コストパフォーマンスのn310。

どちらもVGA,3.7インチ,WM5,bluetooth内蔵。n300には無線LANもあり。これがなんと130gクオリティー。

大きさは横長でも手にすっぽり入るミラクルサイズ。iPAQh1920より小さいんです。

レスポンスは少なくともiPAQh2210より快適です(n300)。(ranran)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

UTF-8で作られたサイトはIEやOperaは文字化けするので(2006/5/4現在試用版が提供されてます)、

Access NetFront3.3(以上)を使いましょう。

※設定-表示の仮想キャンバスを640×480、ズームを75%にし、横長で見ると最強です。(ranran)

Adobe Reader v2は日本語起動しませんありませんが、英語版のresouceフォルダをv1日本語版のresouce

フォルダと取り替え、拡張フォント(http://www.adobe.co.jp/support/downloads/japanfont.html)

CIDFontフォルダに入れれば日本語が表示できます

尚ちゃんとVGA対応していない為、ForceHiresなどでRealVGA化しないと見づらいです。

※v1のresourceは他機種で昔使ってたのと交換したので実際はわかりませんが、v1のインストール時に、母艦上に、"CIDFont","Cmap","Encoding","Font"の4フォルダができますので、これを取り替えればいいと思います。n300だけだと入手できないかもしれません。

あと、SDメモリカード上にインストールするとファイル開かずに終了しちゃうのは、自分のSDカードの問題??(ranran)

実はv2でも起動できます。

http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/mobile/1146140595/819-821(dat落ち)

この場合は、追加フォント不要です。(ranran)

手書きはJapanist for Pocket PC(http://www.osl.fujitsu.com/j4ppc/)が使えるかもしれません

(私は必要ないので使ってません。誰か試してください)。(ranran)

ATOK入力時にアプリによっては、確定前の文字がインラインに入らず大きく表示されるか、

何も表示されない事象が起こります。

これはアプリケーションがVGA対応していない為ですので、ATOKで快適に使うには、アプリを

VGA対応のものにするか、RealVGA化する必要があります。

とは、いってもRealVGA化したらまともに使えなくなるものが多いので上のAcrobatReaderや2ち

ゃんねるブラウザの2++など最低限にして、後は対応品を使う事をお勧めします。

下の画像はUKNoteでRealVGA化前後を示しました(ForceHiresを用いてます)。

※UKEditorならRealVGAしなくてもちゃんと使用できますので、お勧めはUKEditorですが。(ranran)

フォルダ名やファイル名に日本語があるプログラムは正常にインストールできないことがあるそうです(少なくとも文字化けします)。

対処方法としては、こちらのサイトを参照してください(ranran)。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/hou_ming_2/view/20060501





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー