※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PA班反省まとめ


とりあえず暫定版でーす。


○重要なポイントをピックアップしたまとめ
――――――――――――――――――――――――

  • 機材申請などの問題もあるので、スケジュールを気にすることが大事! 日程が曖昧な部分はコンサートを進める代表者に積極的に掛け合い、はっきりとした予定をなるべく早く決めていくことが肝心。

  • 電力や配線の問題があるので、記録班・映像班・証明班などと積極的にコンセンサスをとって行くべき。

  • マイクの使い方講座やPAの活かし方などの講座を先輩に開いていただいたのは非常に為になった◎

  • マイク練は早めにバンドと話し合っていかないと、本番まで一回もマイク練が出来なくなる可能性もあるのでできるだけ早く準備を進める。

  • チーフは班の進行を常に把握しておけるよう、連絡を徹底させる。

  • 秋からPA班に入った人のサポートは、先輩の手も借りつつしっかりと行う。

――――――――――――――――――――――――

他にもこれは重要なんじゃね?って思うことがあったら
ゼヒゼヒ自由に編集してくださいなー。


以下、反省点を書き殴ってます。
マニアックなとこもあるけど、来年とかこれからのPA班の役に立たせるための文章だし、
詳しくっても、長ったらしくてもいいよねw見辛いと思うけど許してー!
PA班員へ。勝手にこっちが判断して書いてない意見があると思うけど、許してー。

<実行体制が決まった後の班としての反省>
-秋コン準備期間
  • オペレートが難しい!少なくとも入った秋コンから入った班員は、
各バンドの練習に行ってなかったら音質の調整なんてできませんでした。
  • 講習が甘い。機材の名前を教えてもらったり配線を教えてもらったりしましたが、全体会や発表会の前など、
時間がない時なのでかなり詰め込み。教える時間をもっとゆったりとれれば、新人も仕事に参加しやすくなると思います。
  • Pは班に入らないべき。例えリハでも、卓にいるべき時にいなかったりすると周りに迷惑だからねw
  • マイク練、夏休みの時点で可能な環境を作れたのでは。
  • モニターを置く分のビールケースをリハのときから把握しておくべきだった。
  • 下にあったグライコは下にあると足などでつまみを動かしてしまう可能性があるので位置的にはよくない。
  • モニターの位置をはじめからよく考え、マイクをなるべく近い位置におかないようにするべき。
  • リハの前に照明とのケーブルも考え、照明のケーブルはマイケ、スピケと離すようにする。
  • マイケは絡まらないように、ケーブルだまりを離して作れるような空間ができると好ましい。
  • リハの前からマイクは左づめでとってもらうように徹底するべきだった。
  • リハ2のとき、音量バランスが左右モニター、メイン共に悪かったので、ケーブルを一回変えてやるべきだった。
  • マイク練申請はもっとはやくフォーマットを送るべきだった。
  • 個人的にかもしれませんが色々なエフェクターを使うことによって知識が広がった。
  • 最初オペレートするバンドの情報がほしいのにも関わらずチーフしか本申請メールが届いてないのでたいへんでした。
  • やっぱり照明との干渉がすごかった。そこについてはこちらから照明班と話し合うべきだったし、
もうちょっとリハとかの前に時間に余裕をとって、そこらへんも改善できたらよかった。
  • ミートをしてなかったせいで班員間でのコンセンサスが不十分になっちゃって申し訳なかった。
  • みんながメールを見るとは限らないので、仕事の割り振りとか確認をメールでしたのはよくなかった。
  • 班員全体としてのミートしてないせいで各班員の仕事状況の進行具合がよく分からない部分もあった。
  • 配線。毎年舞台の後ろからマイケを通すから、今回の秋コンだったらアンプは控えのΩ11とかΩ12に置くべきだった。

-秋コン本番
  • 照明器具に触れてマイクケーブルが焼けちゃって大変だった。
  • 音割れが酷くてバンドの皆さんには大変ご迷惑をおかけしました。ごめんなさい。
  • 休憩中にマイケをまける人を十分用意しておくべきだった。まつけいがインカムで応援を頼んだが誰も反応してれず、そのせいで休憩時間が伸びた。
  • オペレート中は、サブの人がインカムをつけるように徹底する。
  • マイケが絡まった。
  • 音割れに関しての対処方を知っておくべきだった。

-秋コン片付け段階
  • 秋コン終わって長いことマイクにちくこーが貼り付けっぱなしだった。
  • モニターのバランスが悪かった理由だとか、どうやったら直ったか、とかを先輩が解明してくださった。
 準備段階で先輩と相談して対応していければよかった。

<その他、自分の班から全体を見てなど>
スケジュールを決めるのが遅い。例えば発表会のタイムスケジュールでも、もっと早く、正確に決まっていれば
先輩を呼んで朝から夜までマイクを使える環境を作れたはず。
詳しい日時決めるの遅すぎで、先輩に連絡するのがいつも遅れて、いつも本当に迷惑かけて、毎回先輩に謝りっぱなしでした。
システム的にも技術的にも精神的にも先輩の力を多々借りる必要のあるPA班チーフとしては、
スケジュールが早く決まってくれなかったのが一番困るとこでした。
あとシフトに関して、もうちょっとしっかりミートとかでDと話し合えたらよかったかなぁ。
全体的にチーフミートが少なすぎたよね。

<会計報告>
地球に優しいプライスレスw


<その他(これさえ分かれば君も今日からPA班員!)>
今更だけど、PAに詳しくなろうキャンペーン!秋コンもあるし、これから色々マイク使う機会あるからね。
オペレートの力ってすごいんだよ!!けっこう色んなことできちゃうから、みんながPAに詳しかったら
普通に歌う以上の音をお客様に届けるとかできちゃうんだよー!!みんな一回くらいPA班入ってみよーよw

●ミキサー:個人個人の音量・音質をいじったりなんだったり、実際にオペレート中操作する機材

  • イコライザ:個人個人の音の質をいじれちゃう。パーカスとかベースはホントお世話になるよー。
       低音足す、中音域足す、高音足す、声のかすれを取るとかできちゃいます。
  • フェーダー:音量とかどれだけ音を送るかとかを決められるよ。全体のを決められたり、個人のを決められたりします。
  • ゲイン:マイクが音をどれだけ拾うかを決めます。パーカスはマジお世話になるよねw上げると繊細な表現ができて、下げると雑音が減ります。

●グライコ:全体的な音質を調整します。そんだけwでもくっそムズイの。これいじることを「音作りする」っていいます。

●アンプ:スピーカー・モニターでおっきな音を出すために頑張る機材w

●エフェクター:歌声を色々飾っちゃえるステキな機械。残響音を出すってのがメジャーな使い方。

残響音=リバーブ。リバーブ浅めで、深めで、とか言えばとりあえずOKw
エフェクターを強くかけると全体的にもやっとした感じになるよ。

エフェクターの名前と効果
  • ソルペ:上手く行くと山彦っぽい表現ができるよ。
  • たまちゃん:声がやたらテンション上がってるときのたまちゃんになるw
  • コンサートホール:ホールで歌ってる感じで、音がよく響く感じ。もともと響く場所だと響きすぎになるかも。
  • ブライトホール:コンサートホールよりもちょっと響きが弱め。バラードにお勧め。
  • ボーカルプレート:ポップな感じの曲でよく使うエフェクター。
  • スネアプレート:曲調・スキャット・パーカス・ベースなどが激し目な曲で使うエフェクター。

他にも声を機械音っぽくしたり、色々できるみたいだよー。
原曲聞いてこんなのやりたいなー!とかあったらPA班に相談してみてw
  

更新履歴

取得中です。