84pの小説 日本の奴隷商人

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チョコレートを作るには当然カカオが必要なのは、皆さんもご存知だと思いますが、
このカカオはかなり手間の掛かる植物であり、原価的には板チョコ1枚100円と言うのは価格破壊の安さなんです。
では、どうして1枚100円で成立するか?

その理由は……その前に読者の貴方は「フェアトレードチョコレート」という言葉をご存知でしょうか?
知っていればこの答えを知っている筈ですし、聞いた事が無い人は覚悟して読んでください。
もしかしたら「知らなければ良かった」と思うかもしれない内容ですので、後悔しない方のみお手数ですがスクロールし、更に反転して読んでください。
…反転を知らない方は、CtrlキーとAキーを同時に押してみてください。























正解・労働者が無賃金で働く。
給料を貰ってる人も居るそうですが、ほとんどの人は無賃金らしいです。
彼等は幼少時に誘拐されたり騙されたりして連れて来られた子供達で、
殴られるは蹴られるは、重い荷物は担がせられるはもう子供に対する仕打ちじゃなかったり。
で、それを知らない消耗層の日本人は、甘いチョコレートを自分の財布のために安価で買って、カカオ工場主に子供を殴らせます。
運営者に非人道的な行動を取らせてる犯人は間違い無く消耗層、すなわち俺達日本人。
で、これからもう普通のチョコレートが食べられなくなった方はグーグルで、「フェアトレード チョコレート」と検索して下さい。
フェアトレードチョコレートとは、値段が通常の2~6倍程度で、ちゃんと生産まで給料が行き届くチョコレートです。
味も100円の殺人チョコよりも美味しく、精神的にも安心です。
扱っているお店は、お持ちのパソコンでお調べ下さい。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|