84pの小説 イライラする


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全く持って無駄な事だ、精神的にストレスが溜まっても良い事は何一つ無い。
人間は進化した生き物で、弱点を克服してきた生き物の筈なのに自分の肉体にもダメージを与えるストレスなんて感情を何で持ったんだ?

人間の体や精神は「妥協」から出来ているらしいとテレビで言っていた、
髪が伸びて一ヶ月毎に切らなければならないのも頭部を太陽光から防ぐ為の「妥協」だし、
食べ物を食べなければ体が維持できないのも人生を楽しむ為の「妥協」なわけで。

となれば「ストレス」も何かの妥協手段として作られた筈だ。
「怒る」のは自分の身を守るための「妥協」だし、
「悲しむ」のは自分の精神的死角を見つけ出す為の「妥協」、ならば「ストレス」は何の為に有るんだ?

きっと「ストレス」は「妥協しない為に」有るんだと思う。
失敗すればイライラすることを恐れて「完璧」を目指すし、
何かやり残した事が有ると気になってイライラするから「完璧」に仕事をこなす。
自分の思い通りに行かなければイライラするから「完璧」に自分のやりたい事をする。
人生の最後までストレスと戦う事で「完璧」な、自分の生きたい道を最後まで貫き通す力を生む。

こんな感じの「妥協」と「完璧」をテーマにしたジョジョパロ小説準備中(でした)。


















| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|