84pの小説 融合デッキガイダンス(3)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

以前から『クリッチーやフォートレスドラゴンなどのカードだけ入れておけ』と言って来た俺ですが、
これは『奪ったりして召喚できる可能性もあるんだし、枚数制限も無い融合デッキなんだから入れておけ』という理屈だったんですが。



エクストラデッキのカード枚数は15枚以下でなければならない。




なんでやねん。
俺は小説のキャラに融合デッキの枚数を利用したデッキを使わせるぐらい、枚数無制限ってルールが気に入ってました。
で、枚数制限が付いた以上、別にデッキに無理して融合デッキにカードを入れる理由は無い…… わけはぁ、ない!

逆にこのルールになったことで、『融合デッキ0枚』は不利になりこそしても、有利になることはなくなりました。
なぜならば、融合デッキとは使うデッキにとっては15枚でも足りないくらい重要なスペースとなったので、
ここにカードがないということは、『自分は融合デッキを使わないデッキ』と告知しているような物ですからね。

名指しすると、チューナーデッキ、XYZデッキ、E・HEROデッキではない、と相手に断言するものですからね。
というか、実際は使わないデッキ、というのは存在しません。


例えば、相手がサイドラを出してる間に手札には機械族モンスター……フォートレス召喚のチャンスです。
相手のフィールドにはチューナーが一体存在し、手札には洗脳のカードが! ないとは言い切れない状況です。 ってかよく有ります。

むしろ、最近は強制転移無制限化の影響でチューナーを渡してくる人までいますからね。
というわけで、チューナーやサイドラが1枚も採用されて無いデッキでも、融合デッキは15枚揃えておきましょう。


| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|