84pの小説 『カワイイッッ!』ということ。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

管理人は、動物を見て『カワイイッ!』と叫ぶ人間が嫌いです。
えー、今、全ての魚・鳥・爬虫類・哺乳類のマニアを敵に回したかもしれませんが、ちと理由を聞いて欲しい。


まず前提事項、日本は捨てられたペットの殺処分は世界レベル、っつーかトップです。
街中を少しだけ歩けばペットショップが乱立し、ペットショップで数ヶ月売れなかったヤツは全部殺処分ですよ。
今回は殺処分を論議するテキストでもないのでそこらへんは割愛しますが、興味を持った人はインターネットなりなんなりでどうぞ。


で、個人でペットを捨てるor殺す人間も居るわけなんですよ。
むしろ犬・猫一匹を買って(飼って)から死ぬまで普通に考えて10年ぐらいは生きるはずなんですが、
ペットショップに1~2年ないし、数ヶ月で流行の動物を『買い換える』飼い主も多いです。
なんでも、そういう人を(飼う)理由というのは『流行りモノをカワイイィイイ!と言われたいから』だそうです。
ちなみに動物は殺しても捨てても法律に触れるので……あー、ペットショップを敵に回す根性も無いので省略させてくださいな。


で、本題となりますが、その動物を捨てる飼い主を糾弾する『自称動物好き』も結構居るんですよ。
いや、もちろん動物を棄てるのは悪いことですよ? 犯罪だしさ。 それを悪いって云うのは当たり前ですよ。
ですがね、そういう『自称動物好き』の人間って猫や犬を見て『カワイイィイイッッ!』と叫ぶんですよ。

……おや?
これはオカシイですね、『自称動物好き』は『棄てる人間』を否定するクセに、『カワイイッッ!』と叫んで応援するんですよ。
こういわれたら『棄てる人間』だって、『ああ、次の流行の動物を見せて喜ばせてあげよう』と思うのも無理ないと思うんですよ。


で、なぜ俺が『カワイイ!という人間』が嫌いかといえば、
『カワイイ!』という人間は大抵、『棄てる人間』か『自称動物好き』のどちらかですが、
『棄てる人間』は当然犯罪者なので好意は持ちませんし、『自称動物好き』は自分が『棄てる人間』を応援してる事にも気付かないアホウなので嫌いです。


つまりさ、俺が言いたいのは、考えてものを喋って、ってこと。
動物愛護に走れと言ってるわけでもないんですが、自分の発言の意味を理解していただきたい。












| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|