84pの小説 遊義皇第四話(旧)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




タイトル:神の魔法カード?
記事No:15689 投稿日:1999/07/9(Thu) 21:15 投稿者 : マイク
はじめましてマイクというものです早速ですが質問です3幻神・3邪神・3幻魔などの
最強のモンスター達は居ますが最強の魔法や罠は無いんですか?



タイトル : Re: 神の魔法カード?
記事No:15691 投稿日;1999/07/10(Thu) 7:42 投稿者 : 最強になりたい人
はじめまして~♪ 最強になりたい人です♪ m(__)m
改行や句読点は入れた方が読みやすいと思いますよ。
今のところそういう情報は無いですね~、マウスコミューンにも出回っていないようですし。



タイトル : Re^2: 神の魔法カード?
記事No:15692 投稿日:1999/07/10(Thu) 16:27 投稿者 : ギゴ(アル)バイト
つーか究極のモンが3×3で9枚、魔法・罠もちょうど9種類・・・狙ってるのか? ぺガさんは?
(通常魔法、永続魔法、装備魔法、フィールド魔法、速攻魔法、儀式魔法、通常罠、永続罠、カウンター罠)
…ネタ尽きたならやるんじゃね?
以上、情報サイト「マウスコミューン」掲示板スレッド、「神の魔法カード?」より抜粋。




(ホーティック視点)
私は予定時刻に来ない電車を待ちながら、二封気さんを戻せなかった言い訳に使えそうな事柄を考えていた。



1、猩々鬼さんはまだカードを辞めておらず、デュエルディスクの改造もまだやっている。
2、将来有望なデュエリスト1名の勧誘、彼はレアカードの価値が判り、
    尚且つデュエルへの情熱も有る生粋のレアハンタータイプ。
3、気配を研ぎ澄ましていた私や猩々鬼さんからも気配を隠す少年、福助君。
  (猩々鬼さんは油断と興奮のせいだと思っていたようだが)



勧誘は猩々鬼さんが居たため出来なかったが、
福助くんは更に未完成デッキの猩々鬼さんに対し後一歩のところまで詰め寄りもした。
どれも猩々鬼さん復活に比べれば薄いメリットだが、塵も積もれば山となる方式で言い訳程度には為るだろう。
ガタンゴトンガタンゴトン
(※電車到来の擬音、遊義皇は分かりやすい小説を目指しております。)
   「やっと来ましたか……二十六分の遅れ、来る時は十三分も到着が早かったのですが。」
その電車は貨物車両と客車両がそれぞれ一両ずつ連結された異質な電車。
客車には何人か乗っているが下りて来た男は金髪黒目、
大きな体躯を包み込むのは更にオーバースケールの紫のコート、
明らかに場違いなこの容姿に私は見覚えが有った。
   「あぁー、ホーティックじゃねぇか、なんでこんなところに居るんだ?」
   「私は二封気さんを勧誘に来たんですが、カードを売り払うなんて外道に為っていたので帰りです、
    …貴方はどうしたんですか? まさかあなたが勧誘とも思えませんし……。」
彼は制々正念党に入る前からの猩々鬼さんの友人で、
3年前にグールズとの抗争時に入党した凄腕のギャンブラーで、現在の正念党のNO4だ。
   「あぁー、そうか二封気が居るのはこの村だったか
    ……まあ別件で来たんだが、一応は顔見てくわ。」
   「そこの人ぉー、乗るなら早く乗って下さーい!」
私がもう2、3言おうとした瞬間、運転手に呼ばれた。
   「あ、乗りまーす! では、クロックさん、私はこれで。」
電車の中から私は笑みを浮かべたまま駅の改札(セルフサービス)を手馴れた様子で出て行った。



(刃咲視点)
どんな物にも限界はある、
蟻は一匹ではセミの死体を運べないし、ミツバチは一生に一回しか針を撃てない、
限界を超えるには[誇り]や[正義]を歪んだ形でも持つ事だ、
だが貴殿は[誇り]を持っていない、駄目大人と蔑む二封気にも持っているにも拘らず。
早く見つけなければ為らない、新たなる猩々よ…。



   「刃咲くーん、来たよー。」
   「寝てるの? カゼくらい一晩で直せるでしょ?」
頭の中に展開する夢をドアを引く音と二人の声が引き離した。
…なんだったんだ、あの不愉快極まりない夢は? 風邪薬の副作用か?
   「起こしちゃったかな、おはよう、刃咲くん。」
   「ああ、おはよう、フク、壱華。」
   「さて、刃咲も起きたところでデュエルしましょうか、
    1人余るし3人のバトルロイヤルにする?」
 「あのルールは遠慮する…〔強制転移〕がルール上使えないんじゃ俺に勝ち目ねぇし。」
俺のデッキの魔法カードで最も重要なカードといえば間違い無く〔強制転移〕だ。
〔共鳴虫〕・〔ドラゴンフライ〕・〔電動刃虫〕・〔ゴキポン〕の送りつけコンボで強力な敵を除去する。
 「うーん、だったら私と福助くんでやるわ、刃咲は・・・。」



うがあああああああ!



   「何? 今の音は?」
   「悲鳴でしょ、とにかく行けば分かるわ!」
   「気にしないで良いぞ、あれは…ってオイ!」
人の話を聞かずに飛び出す福助と壱華、それを追う俺。
眠ったのが良かったのか薬が良かったのかは知らないが今はほとんど苦痛はない。
   「刃咲!今の悲鳴はなんだ!?」
ドアを抜けるとそこにはおそらく見舞いに来たと思われる二封気が要るが、無視!
4人で駆け付けた診察室では呻く金髪中年の腕を、母さんが握って指を捻じ曲げている。
   「どうしまし…って、クロック!? 何やってんだ!? お前!」
   「あれ、二封気さん知り合いですなんですか、 あのおじさんと。」
   「…アアアア!? 二封気がただのサンなのに、たった2歳差の俺はオジサン!?」
   「子供にキレるんじゃない! まず自己紹介!」
後頭部に母さんのスリッパによる一撃を当てられ、悶絶するクロック、こいつもダメ大人。
   「あぁー、こんにちは…っても初対面はサン付け少年とお嬢さんだけだが、
    俺の名はクロック・ジュフ、何年か前にゴロツキに指を全部切断されてな、
    助姫さんに直してもらって以来、定期的に通ってるんだ。」



言いつつ俺たちに指を見せる中年クロック、
右手の指は五本それぞれが荒糸で繋ぎ止められ、繋ぎ目から先は浅黒く変色している。
   「見た目はちょっとグロテスクだけどな、爪は伸びるし血も通ってる、
    それに左に比べれば違和感は有るがちゃんと動くぜ。」
   「前に言ってた『凄い医者の居る病院』ってここか、…世界って広いようで狭いな。」
納得したように頷く二封気、なんだ、知り合いか?
母さんは俺が生まれた頃にアメリカで医術の勉強をしていたらしく、俺が物心付いた時から毎年来ている。
   「今の悲鳴は指を捻じ曲げて痛みがあるかで少し曲げすぎただけよ、今ので検査は終わり、お大事に。」
   「少し曲げすぎ、で、あそこまで痛がるかな?」
福助の至極最もな質問を、母さんは華麗にスルーする。
   「それより君たち、ちょっと俺の指の確認に付き合ってくれないか?」
紫色のコートの中から真っ黒のデュエルディスクを取り出し、構える金髪中年、
…ポーズは決まっているが冷めた目で見るとこの上なくバカっぽい。
   「へぇ、おじさんもデュエリストなんですか、良いですよ、やりましょう♪」
   「あぁー、対戦相手は二封気がするから、君たちは見ているだけで良い。」
こいつの戦術は去年もその前も見たが……面白くない。
   「……俺がやる、『確認』を子供達にやらすのはちょっと可哀想だしな。」
   「デュエルディスクは自前の「黒」を使わせて貰う…あ、先生、廊下をちょっと借ります。」
   「他の患者も居ないしな、確認も必要だしディスクの音量切ってやるなら文句は無いわ。」
   「あぁー、じゃあ子供達、何か変だと思ったら止めてくれ、ペナルティーも無いからどんどん頼む。」
   「…何の事? 変って…。」
   「あぁー、お嬢さん次第だが、見ていれば判るはずだ。」



   『デュエル!』 二封気LP8000 クロックLP8000
   「先攻は貰うぞ、二封気!(手札6枚)
    俺は裏守備モンスター、スペルを1枚ずつ伏せて終了だ。(手札4、伏せ1)」
無音で縦に2枚連なって浮かび上がる裏向きソリッドビジョン、今のところ不自然な点は無い。
   「ドロー(手札6枚)、〔キラー・トマト〕を攻撃表示で召喚し、〔抹殺の使徒〕を使っておく。」











裏守備→除外
   「そして〔キラー・トマト〕でプレイヤーに直接攻撃!」
   「あぁー、攻撃にチェーンして〔メタル・リフレクト・スライム〕を使うぜ。」







巨大なスライムが廊下を塞ぐように出現した。
   「伏せカードは無しに終了だ。(手札4・伏せ1)」
突如、空間に歪みが出現し、そこからは眼球を模した機械が這い出してくる。
   「あぁー、言い難いんだが〔抹殺の使徒〕で除外され〔異次元の偵察機〕の効果発動だ。」







   「〔抹殺〕無駄打ちかぁ、痛いね、二封気さん。」
誰にと言うわけではなく言った福助。
   「あぁー(手札5)、俺は〔光の追放者〕を攻撃表示で召喚してから〔強欲な壺〕で2枚ドロー、
    〔異次元の境界線〕を発動して終了だ。(手札4・伏せ0・発動2)」















緑色のぼやけた壁が二封気と金髪中年の間に出現し、お互いの領域を完全に謝絶する。
   「…でもあれだと〔強欲な壺〕が墓地にあるから効力が……。」
   「福助、よく見てろ、中年の場にはどんなカードでも除外する〔光の追放者〕が居るだろ?
    あれなら魔法を使っても〔追放者〕が除外して墓地に溜まらず、
    〔境界線〕によって〔追放者〕の攻撃力100をフォロー、完全なシナジー効…。」
   「ダウトだ。」
俺の言葉を打ち消すように二封気はクロックの手札枚数を一瞥する、
そこで俺もクロックの手札を見るが――5枚有る、4枚でエンドしたのに、だ。
   「…何をしたの? 今のは?」
   「コートから1枚出して手札に加えたんだよ、
    完成形は余剰1枚をコートの中かデッキに戻すんだが、実行する前に二封気が指摘したんだ。」
何年も前から点検に来るたびに見せられてるが一回も見極めたことが無い。
   「これが俺の『確認』だ、切り落とされる前は10秒で3~4枚変えられたんだけどな、
    今じゃ1枚取り替えるのが一苦労だ。」
   「クロックの交換の瞬間は分からないからな、戻す前に手札の数でアヤ付けるんだよ。」
悔しそうにソリッドビジョンを消すクロックと、得意げに笑う二封気。
   「福助、壱華、お前らは気付いたか?」
   「全然分からなかったよ、僕…。」
   「私も、ね。」
   「あぁー、さっきから目を凝らしてた蕎祐はチビさんに説明に注意が行った時に入れたからな、
    お嬢さんも隙があったからやったんだが……二封気は誤魔化せねぇか、やっぱり。」
   「この3人を同時に誤魔化せれば十分に指の動きは早ぇよ。
    逆に言うとこのまま続けても俺を含め4人を騙すのは無理だろうけどな。」
   「あぁー、点検の直後なら行けるかと思ったが…
    おチビさん達が予想以上に目が良かったからな、どうしようもねぇよ。」
   「ところで何と何を変える気だったんだ? ダメ大人?」
   「あぁー、手札の〔炸裂装甲〕を〔虚構の魔術師〕に変えたかったんだ。」











   「…って事はクロック、お前はこの状態で〔壺〕を使いまわす予定だったのか?」
   「あぁー、もちろん、〔月読命〕も手札に完備だ。」







   「ロックしてドローブーストって事はエクゾディア召喚でも狙うの?」
   「あぁー、適当にアド稼いだ辺りで〔月読命〕で〔追放者〕を裏向きにして、
    墓地に魔法を送り込んで解除、その後にラッシュ、ってのがパターンだな。」
壱華の質問に惜しげもなくベラベラ自分の戦術を露呈するクロック。
   「嘘付くなよ、前にエクゾ揃えて勝ってただろーが。」
   「あぁー、 気付いて無かったのか? あれは手札5枚を全部纏めて入れ替えただけだ。」
なんじゃそら。
   「もしかしてその前に使った〔メタポ〕+〔太陽の書〕コンボもか!?〕
そこまでコテコテに使って気付かなかったのか、このダメ大人は。
   「あぁー、当たり前だろ、手札2枚からコンボが決まって、5枚ドローしてエクゾ、
    そんな物どこぞの決闘王でも無理に決まってるだろ……でもシャモン辺りならできるか?」
理由は分からないがクロックの取って付けたような一言に一瞬だけ二封気の顔は歪んだ。
   「シャモンさんって誰ですか?」
猫被り壱華の質問に二封気は心底嫌そうな顔でクロックを見てから回答する。
   「…俺の弟子で元友人、以上。」
   「あぁー、その回答聞いたらシャモンの奴はキレるぜ?」
   「そいつもダメ大人かよ。」
   「あぁー、それはな蕎祐くん、あいつはまだ……」
   「ところでクロック、お前は今日はどうするんだ?」
俺のツッコミにクロックが何か言おうとするが二封気が止める、
二封気は人の話を遮るのが趣味なんじゃないだろうか。
   「あぁー、帰りの電車無いんだよな……二封気、今日は泊めて貰って良いか?」
   「……良いぞ。」
   「じゃあさ、今日は僕達3人も二封気さんの家に泊り込んでデュエル大会しない!?」
デュエルバカ福助、ナイス発案。
   「それ良いな、オッサンの技ももう一度見たいし。」
   「私も参加ね。」
   「あぁー、今日は酒でも飲みたいんだよなぁー、なあ二封気?」
オッサンに笑顔で相槌を返す二封気、だが笑みがどうにもいわゆる「大人の笑み」臭い。
   「大会なら刀都屋ででイベントを開催するから、もう少し待ってくれ。
    俺は帰るがお前らにデュエルディスクだ、返すのはバッテリーが切れてからで良い。」
露骨に切符がよすぎる、いつもは飴玉1つでも渋るくせに。
   「あれ? いつもは財布の紐が硬い二封気さんがどうしたんですか?」
   「刃咲と壱華の完治祝いってところかな、福助のは………まあオマケだ。」
   「じゃあ、酒でも買い込んで飲むとしようや。」
   「まだお昼前ですよ?」
   「俺はダメ大人だからな、酒も朝から飲むさ、じゃあな、3人とも仲良くデュエルしてろよ。」
怪しい、この上なく。


| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|