※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゼファー5


ルルススの時計は狂っている。単位としての時間を把握することも曖昧であるし、生体としてのリズムも不規則で、三日近く起きていることもあればその倍の時間眠ることもある。起き続けるということも眠り続けるということも体の限界のシグナルがやってきから、その異状を察知していた。

「だいぶ改善させてきたんだがな…」

一日という時間を区切り、睡眠と活動を規則正しく行うようにルルススに教えてきたキラーは寝台でぐっすり眠り込む少女に肌かけをかけてやる。

「ルルは寝たんだ」
「やっと、というべきかな」

リヒトの繊手がのび、翠の髪を撫でてやる。絵面だけをみれば、薄紅の髪の青年が年の離れた妹のような少女をいとおしむようにも見える。
あどけない寝顔を無垢だ。だがそれを見守るリヒトの紅い瞳はルルススが長い眠りを取ることを待ちかまえていた。

「つねっても起きないかな?」
「やめろ。やっと眠ったところなんだ」
「誰かさんが構ってくれないから悪いんだよ。こっちもいい加減煮え切ってるところなんだけどね」

誰が構うだ。
誰が煮え切るだ。
寝台の傍らに座り、キラーは己の剣の手入れを始めた。細かな意匠が施された二振りのそれは組み木のようにあわせれば完全な一本の針となる、対の剣だ。長くはないものの、振るうことでその攻守は左右に隙のないものができあがるのだ。

「キラーって両利き?」
「そうだ」

リヒトがそばにやってくると、その豊かな髪のせいであたる体のあちこちがこそばゆい。しかもさらに距離を詰めようものなら、手元までも隠されてしまう。

「…リヒト」
「なに?」
「少し離れろ」
「やだね」
「手元が狂う。髪を切るぞ」
「別にいいけど、ルルススが驚くんじゃない?」

半ば本気で剣呑に言ったがキラーは詰まる。己が眠っているうちにキラーとリヒトが仲違いをしていたなどと知ればあの少女にどのようなショックが行くかわからない。
リヒトが泣こうが喚こうが(どちらも一度として見たことがないが)キラーにとってはどうでもいいことだが、ルルススのそれは非情に心が痛い。

「あいかわらずルルスス一番だね」
「…俺は守護者だ」
「僕も守ってくれるんじゃないの?」

守るものが襲われていたら話にならない。
リヒトの手がキラーから剣を奪う。瞬く間にそれは黒く細かな粒子となって空気に溶ける。剣を持つものは己自身が鞘であり、その主以外の者が手にすることはできない。奪ったところで消える。そしてそれらはキラーへと吸い込まれる。

「妬けるな」

生ける武器のキラーに比べれば華奢なつくりのリヒトの腕は否応なくキラーの首に絡まる。甘える猫のように体を寄せてきたリヒトが、その実牙を隠し持った猛獣なのだということをキラーは身を以て知っている。

「寂しかったんだよ? 埋め合わせをしてよ、キラー?」
「…勝手にしろ」

何度拒んでも伸ばされる腕ならもう諦める。キラーは諦観を持ってリヒトの腕の中に埋没した。たとえキラーの腕がリヒトを抱いたとしても、喰らわれる側は明確だった