※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オリジナル 悪魔5 【凶】


「今日は釣りに行こうか」

のほほんとカップをソーサーに置いて、彼は言った。

「最近もめ事が少ないから、湖まで行けるようになったんだよ」

空には白銀と白金の月が昇る。人間の刻限で言うと、昼下がりだ。
溜息を隠さない来客者に、彼は釣りは気に入らないかな?と首を傾げてみせた。

「なんでおまえはそう地味なんだ」
「ええっ、地味なのかい僕は!?」

派手であってほしい。少なくともちんまりとはしてほしくない。
炎獄の魔王と謳われる居城で、その主はいささか地味すぎるほどに地味な悪魔だった。趣味が釣り。盆栽、書道。最近は茶道もたしなみ始めたとか。

「隠居暮らしを楽しんでる魔王なんて聞いたことがないね」

配下数万を従え、青い炎で壮麗な城を彩る、炎獄。その気性はかつての天使との大戦では怖れられるほどに冷酷非情、捕らえた天使の皮を剥ぎ、それを同胞に喰らわせ下級の魔物に下賜してやったり宴の出し物と供した。
その大戦から百余年。炎獄の王はすっかりのほほんとした楽隠居魔王になっていた。

「だってそうそうギスギスしていたら僕の気が休まらないじゃないか。僕は今が平和でいいと思うけど」

炎獄の悪魔は再び紅茶をとりあげながら言葉を返す。

「君こそ暇つぶしに何やら面白いことをしたっていうじゃない」
「ああ、あれのことか」
「伴侶もいないのに子造りだって噂になっていたよ?」
「子供ではないんだが」
「知っているよ。君は自分しか好きじゃないもの」

その言葉の響きは責めるようにも憐れむようにも聞こえる。

「あれの魂は興をそそる響きをしていてな、末路を見たくなった」

己の無力に慟哭し、堕ちてもなお力を求めながら、自ら血の涙を流す魂。来客者はそれを面白いと思い、養い親となった。

「今度連れてきてくれないかな。釣りでもしながら話をしてみたいよ」
「しばらくは戻らないな。あれは今、必死に大きくなろうとしているから」
「君こそ人柄がまるくなったんじゃないかな」
「いいや。変わらず禍々しくいこうと思っているよ」

でなければ救われるべき魂を堕落させ、わざわざ悪魔へと生まれ変わらせはしない。とある悪魔の養い親は、やはり非情な悪魔の王だった。

「ああ。いい天気だなぁ。本当に釣りをしないかい?」
「釣れても魔界の怪魚は食うつもりはない」

炎獄の魔王の居城でのこと。