※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こたうじ22


「兄者、盃が逆さだぞ」

そう氏照が指摘したのは、ある昼下がりのことだった。
氏政の文机に飾られている、舶来品の瑠璃盃は海外貿易に熱心な北条家にもたらされた一式。氏政はそのいくつかを弟たちに分け与えており、氏照もその一人だった。

「このままで良いのじゃ」

本来天を向くはずの口が伏せられた妙な形を、氏政はそのままにしておくつもりらしい。

「良いのか?」
「良いのじゃ」

困惑顔の弟を、氏政はかっかと笑い飛ばした。



「おまえも忍びゆえ、毎度毎度儂の元に顔を出してはまずかろう」

忠実な忍者の青年は風魔忍の長だ。なにかと忙しないだろうに、日に一度は顔を見せにくる。時折そこに疲労の陰や血の匂いを感じると、氏政はわけもない申し訳なさを覚えていた。たとえそれが臣として当たり前であっても。

「おまえが無理をせずとも、我が栄光の北条家は不滅じゃ」

だから体をいとえと言っても聞かない。

「そうさの、ではこうしよう」

氏政は文机の洋盃を逆さにした。瑠璃のきらめきを気に入って手元に置いている舶来の器である。

「年のせいかのう、どうもこの形が正しいように思う」
「……」
「小太郎、これで良いのかの」

ふるふると首を振った青年忍びは近寄って、盃を両手で丁寧に元に戻した。本来のように。

「じゃが儂は忘れっぽいのでの、明日からもこうしてしまうじゃろう」

忍が戻した盃を氏政はまたひっくり返した。

「小太郎、毎日儂に顔を見せんでも良い。ただ明日もおまえが健やかならば盃をひっくり返しにくるのじゃ」

それから毎朝、盃を逆さにすることが氏政の日課になった。大抵氏政が眠りについた夜のうちに、それはまた、正されているので、それを確認した氏政は皺を深くしながらまた、盃を逆さにするのである。



「逆さにしても趣があるじゃろう」
「そうか?」
「おぬしは風情がわからん奴じゃの」

氏照はじゃあ儂もひっくり返してみるかと呟いた。


盃の口が天を向こうと地を向こうと意味はない。そこにある秘密を知っているのは、氏政ともう一人だけである。





氏照の持ち城、八王子城からベネチアングラスが出土したというのを資料で発見。言葉のいらない伝言ゲームをじっちゃんとこたがやってるといいよ!