※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さゆき6


「消えなぁ!」

翻る紅と飛び散る朱。佐助の凶手が閃くたびにそこに新たな赤が混じる。傾いた太陽の中では誰も彼もが血にまみれた顔をしている。
ここはいくさば。死と生の風は命をさらう。

「俺様の技を拝むには百年足りねえな…っ」

佐助がいくらその手を巡らそうと死ぬ者は死に、生きる者は生きる。

「弱ぇ弱ぇ」

正邪なにもかもがひっくり返り無価値になる。

「死にたい奴だけ、かかってきなよ。猿飛佐助が討ちとれるなら!」

虚空に蜻蛉を切った。佐助は血風を纏い骨をも断ち切る。
その時の佐助は人の、人である全てを否定する。己自身をも、人であることを忘れる。
そこにあるのはただの凶器。凶器であろうとする何か。