※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こたうじ14


「すっかり冬じゃのう」

春には薄紅に色づく小田原城は枯れ木ばかりとなって、何ともうら寂しい。雪が降ればそれもそれで美観となるだろうが、固い樹皮と枝が眼下に広がる光景は物足りなかった。

「いつまでも花があって欲しいと思うが、それも酷じゃな。もう次の春を見越して力を蓄えておるのじゃから」

人よりもずっと先を見据えているのかと呟く氏政の背が丸い。戦装束を纏わず、羽織の老人の姿は小田原城下の木々に似ている。だが春を待ちわびる氏政の顔には、桜のような内に秘めたる勢いがなかった。

「……っ」

不吉な思いを振り払うべく、小太郎は奥からもう一枚、上掛を持ってこようと立ちあがる。寒風は体によくない。

「よいよい、小太郎」

氏政がそれを制す。

「春の華やぎも冬の訪れも、我らが北条家の主が受けてきたものじゃて。ご先祖様が身にうけた風が寒かろうか」
「……」

渋々、足を戻す。氏政は決めたことはけして覆さない。だが後であたたかいものを出すよう誰かに頼もうとは思った。

「小太郎、次の桜も見たいか」
「!」

言うまでもなく。

「そうか。儂も見たいぞ」

次の春も、そのまた次の春も。
幾度先の桜でも見たい。
氏政が治めるこの城で。