※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

たけとみ7


酒宴の場には蜘蛛の巣が張られている。繊細な綱渡りを一匹一匹の蜘蛛たちがなし、ひとたび足運びを間違えれば一瞬にして食われる側に転落だ。宴は楽しむものではない。単なる駆け引きだ。

「浮かない顔だな」
「元々、こういう顔だよ」

一献注ぐ前に秀吉は特大の杯を空にする。巌の酒量は計り知れない。

「宴に人はいらぬもの」

ひとつの杯
ひとつの月

「それだけで足りる」

秀吉の眼差しには、おまえはそれでは不足なのだろうと語っている。