※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こたうじ11 +けーじ


「あのなあ…あんた、なんか勘違いしてるぜ」

物言わぬ小太郎は空気で語る。慶次はやれやれと息を吐く。

「俺は北条のじっちゃんが好きだけど、恋してる訳じゃないんだよ。そこんとこわかってる?」

あんたみたいにはさ、と恋の気に聡い慶次は悪童めいた笑いを浮かべる。
小太郎はただ沈黙のままに主の賓客を送り出す。

「でもまあ、うかうかしてっと誰かに…」
「!」

カカッ

慶次が竦めた頭の上の桜の木にクナイがささる。

「うへっ、おっかねえおっかねえ。…しかし、あのじっちゃんに恋するのはまたまた奇特だね」

俺に負けるけどイイ男なのに。

「まあ頑張れよ」

男だろうが女だろうが老いていようが若かろうが。
慶次は恋するすべてのものの味方だ。