※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

識柚21 


まとわりつく腕をよけ、煙草の箱の角に指先が届きそうになったところで再度捕まった。

「一本くらい吸わせれ」
「このまんまがよかったのに」

子供やなあと笑ったが、言われたら急にこれ以上絡まりようがないシーツとぬくい体が恋しくなり、男の我が儘につきあってやった。
口寂しさは、顔を探って唇同士をあわせて解消させた。
交わした熱からまた夜がはじまるのだろう。きりがない交わりは、実は嫌いじゃなかった。