※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジェノギガ5 歌をあなたに

『…seie non tiex loue nu e oge…』

脈動するようなリバースバベルの稼働音はギガデリックの呼吸と同じくらい慣れたもの。

だが今日はそこに別の音が混じる。

『…naft je ed mam quie viox a oz jaju ime atha luuu…』

狭間の男が、ジェノサイドが歌っている。とつとつと独特な節回しだが単純な音階だ。

「いったい今日は何の音響だ」

『コレといった意味はないよ。古代語だから』

というか耳だけ覚えて歌詞は忘れちゃった、と白銀の髪を遊ばせジェノサイドは虚空に漂う。

「ふん」

『あ、寝るならもう歌わないよ』

「寝厭きた。しばらくは起きとく」

『素直じゃないなあ。まあいいよ、ギガデリックのために覚えているかぎり歌ってあげよう』

「頼んでねえ」

『まあまあ。…cion i rka im tue nafaiz se ginowo rvo…seie non tiex loue nu e oge…』

この世のどこにも存在しえぬ旋律と言語を、低くたゆたう闇よりなお深い声で歌いあげる。

『…ああそう、思い出した。大意はね、命のほむら尽きるまで剣に捧げる…そんな感じ』

「は、おまえらしくもない」

『そりゃそうだね。歌っていたのは…』


遠い記憶、分かたれる前の青年が教えられたもの。遙か遙か昔に。

『…seie non tiex loue nu e oge…』