※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

学園たけとみ1


「半兵衛、犬だ」
「そうだね」

どこから入り込んだか、ちまちまとまとわりつく子犬に秀吉がなんとなく手をのばそうとする。

「だめだよ秀吉、フィラリアになってたらどうするんだい」
「いや、半兵衛…」
「狂犬病にかかってたら大変だよ秀吉」
「…半兵衛は犬が嫌いか」
「大好きだよ?だって畜生にしては上等じゃないか」
「…半兵衛…」
「なんだい?」

きらきらした羽のごとき雉の半兵衛が微笑んだ。