※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ちかなりちか4 ハンドメイド


「アニキ!俺らがよなべして作った応援旗、使ってくれよな!」
「もちろんだぜ野郎共っ」
「アニキ!アニキ!(エンドレス)」
「…」
「あん?どうしたよ元就」
「これを貴様にくれてやろう」
「なんだこりゃ?ちっこい輪刀か?」
「貴様の配下は危険があればあのうっとおしい声援しか送らぬがこれは違うぞ」
「おい人の子分を」
「黙って聞け。これに一言呼びかければ摩訶不思議、日輪の加護が貴様に降り注ぐ」
「つまり?」
「我が加勢に入ってやる。さあ指にはめるのだ元親。今なら石見銀山特製純銀だ」
「いやっなんかそれ違うぞ元就!?これ明らかにゆび…っ」




元就がゆがんできた