※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こじゅまさ2 +ちか


「ぃよーし野郎共!奥州の海で一丁釣りといくぜ!」
「へい、アニキー!!!!」
「アニキ!大漁旗の準備できたぜ!」
「おうよ」

お手製の釣竿片手にした長曾我部を見かけた。まさか一本釣り?と思うがなんだか楽しそうだ。

「俺ものりてえなー」
「あなたは船の上も凛々しいですが馬上のほうがご立派です」
「煽ててもきかねえぜ小十郎、心配ならついてきな。HEY!西海の鬼さんよ!」
「お!?独眼竜じゃねえか」
「楽しそうなことやってるじゃねえかよ。俺も混ぜろよ」
「いいぜ船賃は俺様と勝負だ!」
「YA-HA!その前に通行料払えよな!海の上だろうがそこは奥州だぜ」
「海の上に境目なんかあるかよぉ!」

小十郎が止める間もなく六爪と碇槍がぶつかった。




ちかとだてむね、じゃれあいをしてこじゅをハラハラさせたらいい!手え出すなと言われたのでこじゅはぐっと我慢