※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デニク3 together


「やっぱり降ったじゃねえか」
「うー…」

天気予報を信じなかった。そうしたら雫がアスファルトに跳ね返って白むほどの土砂降りとなっていた。

「…何も、今降らなくてもいいだろぉ…」

珍しく、本当に珍しくニクスの方がその気になってくれていざウチへ、と駅をでようとした矢先だった。

「こういうの、バケツだかタライだかをひっくり返した雨っていうんだよな」

気まぐれなニクスのこと、お気に入りの靴が濡れるとかそういう理不尽極まり無い理由で帰る、と言い出しそうなのに、意外と落ち着いた目で叩きつける雨を見ていた。

「あの、ニクスさん?」
「ああ?」
「か、帰るとか言わないよな」
「帰ってほしいのかよ」

ぶんぶんぶん!と勢いよく否定すれば、ニクスは「走ればすぐだろ」と言い出した。

「今の時期なら濡れてもどってことねえさ」

それはそうなんですけど、アナタは前科があるでしょう。

「いっそ濡れに濡れて…」
「え?」
「風呂に入るか」


togetherという言葉の意味を一瞬忘れた。