※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

葉皆12 一万ヒットリクエストありがとうSS

リクエストまおうさま:葉皆
※まおうさまのみ、ご自由にお持ち帰りください。


『煙草』


煙草の煙を紫煙と書くことがあると教えたことがある。

「それじゃまんま甲ちゃんだよね」
「何でそうなる」
「えーやっぱりラベンダーって紫っぽいし」
「そんな怪しげな色の煙が出て溜まるか」

屋上の一服は格別だが最近は葉佩のせいで味わう寸暇も与えられない。目ざとく見つけてきては隣に座る。

「……そういうおまえ、匂うぞ」
「え?え?マジ?出がけに銃の整備したから油の匂いとかしちゃったりする?」
「馬鹿、違う」

皆守はすっと手をのばして、袖をくんくん嗅いでいた葉佩の、制服の内ポケットから紙箱を掴みだした。

「……てへ。甲ちゃん、鼻いいね」
「吸ってる側は鈍くなるっていうだろ」

土と血と硝煙の匂いがすると揶揄したのは誰だったか。

「今日は一本だけだよ? 月に一箱くらいだもん」
「喫煙者に変わりはないな」

変に嗜好品を増やしたら長期調査の際に集中力が失われやすいから、制限されているのだという。

「ニコチンで遺跡とかお宝が変質したらいけないしね。調査前後は禁煙徹底」
「見事に破ってるじゃねえか」
「建前だよ。みんな、ガチガチじゃ息が詰まるだろ」

皆守から紙箱を取り返した葉佩は、いかにも手慣れた仕草で火をつける。

「いいねえ青空の下で一服」
「おまえいくつだ」
「……さあ?」

子供っぽい葉佩が時々そんな老成した顔を見せるから、皆守は洞察眼に優れていても葉佩の本当の年齢を言い当てたことがなかった。葉佩は妙にちぐはぐだ。

「まぁ安心してよ。甲ちゃんの大好きなラベンダーの匂いを消すほど、俺のは強くないから」

割り込んじゃってたらごめんね。

「甲ちゃんはその匂いに包まれていたいんでしょ?」

わかったような顔をして、細い紙巻き煙草をくわえた葉佩が笑みを刻む。まるで獲物を前にして舌なめずりする獣のような。
一瞬として安定しない空気を漂わせる男、葉佩は立ちあがった。

「さて、授業行きますか。次は……現国!? 甲ちゃん甲ちゃん!次のって小テストじゃなかった!?」
「……教科書読んでりゃできるだろ」
「やだもう俺、ニポンゴまだよくわかんない深窓の帰国子女なのに!」

何か色々と間違ったことを喚きながら、葉佩は煙草を懐の携帯灰皿(ロゼッタ協会ロゴ入り公式グッズ)にねじこんで、「やっちーにヤマかけてもらってくるから、お先!」と屋上を去っていった。
苦い草とラベンダーが混じる屋上で、皆守は「とっくに割り込んでるだろうがよ。あの阿呆」と呟いた。



一度書いてエラーで消えちゃって、全然違う葉皆になりましたが、テーマは『(葉佩の)煙草』でした。まおうさま、葉皆リクありがとー!葉佩は天然でも確信犯でも腹黒でも何でもありで!