※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

識柚16 姉神2


僅か15秒で綺麗な関西弁の女性の声は息継ぎなく一息で言い切り、電話機は沈黙した。
吹いたままのユーズが冷蔵庫の前でしゃがみこんでいた。耳を塞いで。

「…し、師匠?」
「…幻聴や」

その肩がかわいそうなくらい震えていた。

「ま、間違い電話じゃないんで…す…、か?」
「…そんならどんなによかったことやろか…」

俺様でアニキなユーズが先ほどまでの勝ち気で横暴な様を引っ込め青ざめている。

「悪夢や…悪夢が来る…」
「…師匠?」
「…いややもう虐げられるんはあの悪魔にわいの生活壊されるどないしょ今からどこに逃げたらいいねや…」
「あ、あのー」
「…国内か国外かいっそ誰かアテ探して匿ってもらわなケイナ?あいつはあかんサイレンは定員オーバーやし…」
「師匠ー?おーい…」

完全にアッチの世界なユーズは識の呼びかけにも答えない。ぶつぶつ冷蔵庫に向かい呟く悲しい姿はどうにかして逃げようとケージの隅でじたばたする鼠のようにしか見えなかった。

「師匠ー…」
「いっそ灯台もと暗し大阪に潜伏…」

だめだこりゃ。
遠い人となったユーズを見捨てて、どうしたものかなと途方に暮れたその時。


ぴんぽーん


滅多に鳴らされない、玄関の呼び鈴が高らかに響いた。


ぴんぽーん


「師匠、お客さん」
「…(ぶつぶつ)…」


ぴんぽーん


「……」
「…(ぶつぶつ)…」
「…ああ、もう」


どうしようもないので識は玄関へと向かった。そのあいだにも呼び鈴は鳴らされ続けた。
しかもだんだんインターバルを狭くして。



ぴんぽーんぴんぽーんぴんぴんぽーんぴんぽーんぴんぴんぴんぽーん



「はいはいはいはい!」

半ばヤケクソ。誰だこんな時間に呼び鈴連打するやつは!新聞勧誘かセールスだったらタチが悪いぞ!

「はいはいどちらさん!?」

識は玄関の扉をあけた。