※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

識柚13 アラビアンパロ2


ああ見えてユーズはやっぱり猫の性を持つ魔物であり、好物も自然そちらよりのものが多い。

「それじゃあ買い出しリストはこれで全部ですね」
「んー」

大所帯のキャラバンである。食料をはじめとした生活必需品のリストの束はどっさりとある。
見落としはないかと目を走らせる中リストの末尾に付け加えられた文字に識はわざとらしく難色を示す。

「…さすがに生魚は無理ですよ」
「わいが書いたんやない」

どう見てもつんとすませてみせる頭領の文字だ。

「ナマモノなんざ持ちも味も悪くなるのくらいわかってるでしょ」
「うっさい、たまに食いたくなる性分なんや。おまえにはわからんやろうがな」
「わかりませんねえ、残念ながら」

リストを書き換えながら腹心はさらりと言った。

「生魚は無理ですけど、小魚の干物くらいならなんとかなるかもしれませんよ?」

ぴこ、と耳と尻尾がたまらず反応したのを見逃さずにさらに言い繋いでみる。

「買ってきましょうか?」
「…言わんでもわかれ」
「畏まりました」

識は今度こそ笑みを隠さなかった。