※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オリジナル 悪魔9 【第六仮定】


私は素早く移動することは得手ではない。鳥などに比べれば脆弱な羽を風に乗せながら動かすため、優雅だと賞賛はされても俊敏ではない。主は悠久の生をいかに長く飽くことなく過ごすかをよく考えるので火急の知らせ以外は全て私に任される。無駄を惜しまれる他の君には苛立ちを生むらしいが、無限に近い命数の主にとってはそれもまた暇つぶしのひとつにすぎないのだ。

《さて、何処に居られるか…》

私を主に推してくれ、全滅した群の中から私の宿った卵を拾い上げた、親とも言うべき相手。双方が認めたがらないが、主の寵愛する若き悪魔は…


この身から落ちる黒い鱗分が人に麻薬のごとき悦を与えることから、「黒楽蝶」と名づけられた私は羽をはためかせた。
虫の本能にとらわれた者でも私には手出しができぬ。我が羽には我が一族の戴く模様の他に、かの君の所有と、かの君の使いである印が黒い羽の中で鮮やかに織り込まれている。
この封蝋と等しき印がなければ早晩そこらの虫に食われかねないのだ。



『俺は生まれたばかりの、位も持たない最下層の悪魔にすぎない。俺の印をおまえの羽につけたところで意味はあるまい』

羽化したばかりの私に花蜜を与えながら悪魔はそう言った。

『だからおまえを我が主の僕に推そう。主の印を持てば、おいそれとおまえを襲う馬鹿も居まい』



見込み通り、典雅な趣を愛する主は悪魔から献上された私を伝令として側に置くことに決め、この羽に複雑かつ美しい、主の通り名をはらんだ印を刻んだ。
主の印を戴くことにより私は同じ黒楽蝶より長い生を得ることとなった。悪魔は私を献上した頃から著しく力をつけ、周囲に主の変わり種の側近としての名も馳せるようになるのも間近で見ていた。

私は少し後悔している。選択の余地はなかったとはいえ、もしもあの時献上を拒み、主ではなくあの悪魔の印を刻むことができたならば、育ての親とも慕うかの悪魔の傍よりもっと近くにいられたのではないか…

ああ、繰り言にすぎぬ。しかしそうした思いには常々捕らわれる。
主は気づいておられるやもしれるが、何も仰らない。時々、かの悪魔への伝令を私に任せられるだけだ。


蛹より幼く、醜い芋虫であった頃、私はかの悪魔の頬を伝う涙を啜ったことがある。空腹に耐えかねた上での行いだ。
悲哀より流れる血の色の涙は甘露のような味がした。
私は遠い遠い記憶を楽しみながら、あの涙の匂いを追った。