※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ち○ぎゃらりーのブタ×狼妄想in擬人化により注意

「た、食べていい?」
「断る」

ブタは毅然かつ堂々と断った。ブタはブタでも男気あふれる野ブタである。ソーセージになるためのだけの箱入りではない。

「で、でも食べたいんだけど」
「やかましいヘタレ狼の分際で」
「うぅっ」

途端に食物連鎖カースト制度では上のはずの狼は涙目になった。

「今日で四日目だよぅ」
「野生のブタをなめんなよ」

びっ、と親指で首をかっ切るポーズをしてみせるブタ。とても食われる側とは思えない。

「せ、せめて足とか耳食べさせてっ」
「うるせえぞワンコロ!犬は尻尾巻いて母ちゃんのミルクでも飲んでろ!」
「俺は狼だぁ~」

ずびずび鼻水を拭きながら狼はまた明日頼んでみようと決めた。
打たれ弱いけれど狼はとてもとても前向きだった。