Sergei Krikalev


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Sergei Krikalev (セルゲイ・クリカリョフ)は、ロシアの宇宙飛行士。

本名はSergei Konstantinovich Krikalev (セルゲイ・コンスタンチノヴィッチ・クリカリョフ)。
宇宙滞在時間が最も長い飛行士として知られる。ちなみに現在までの合計滞在時間は803日9時間39分。

エピソード

  • 1991年、ソビエト連邦が崩壊したため、ミールに滞在していたクリカリョフは帰還できなくなった。着陸地のカザフスタンとの政治的な事情もあり、もう一人のクルーは遅れながらも帰還したが、クリカリョフに対する交代人員が練習不足などで打ち上げられなかったためでもある。
  • 結局、クリカリョフは1992年3月25日に帰還するまで311日20時間1分を宇宙で過ごした。帰還時は長期の宇宙滞在により体重が激減し、筋肉もかなり衰え、満足に立ち上がることができなかった。また、帰還後には「最後のソ連人」と呼ばれた。

  • 2005年11月2日より日本のテレビで放送されたカップヌードルのコマーシャルにはクリカリョフが国際宇宙ステーションで特注のカップヌードルを食べるシーンがある。そのシーンはは国際宇宙ステーション内で、改造されたHDVカムコーダーによって撮影されたとのこと。

  • 2005年8月6日、ISSに滞在中のクリカリョフはISSとスペースシャトルの分離のハッチ閉鎖直前に記念撮影のためにカメラを固定して忘れてそのままにしていたSTS-114のクルーの野口聡一カメラを届けた。このことはその日の日本の地上波テレビのニュース番組でも紹介された。

リンク

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。