STS-115


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

STS-115は、2006年9月7日に打ち上げられる予定のスペースシャトルアトランティスによるミッションである。国際宇宙ステーション (ISS) の組み立て再開ミッションであり、ISS プログラムの立場からは ISS-12A フライトとも呼ばれる。ISS の左舷に P3/P4トラスを取り付け、電力供給量を増やすことが最も重要な任務である。

今回のミッションでは、船外活動前に体内の窒素を追い出す方法として、実用目的としては初めてキャンプアウト・プロトコルが用いられる。船外活動を行う宇宙飛行士は、前日の晩にクエスト・エアロックで少し低めの気圧の中眠ることとなる。これまでの方法と比較して、起床から短時間で船外活動を開始できるという利点がある。

Crew

  • ブレント・ジェット (4)、コマンダー
  • クリストファー・ファーガソン (1)、操縦士
  • ジョセフ・タナー (4)、ミッション・スペシャリスト
  • ダニエル・バーバンク (2)、ミッション・スペシャリスト
  • ハイディマリー・ステファニション・パイパー (1)、ミッション・スペシャリスト
  • スティーブン・マクリーン (2)、ミッション・スペシャリスト - カナダ宇宙庁
()内の数字は今回が何回目の飛行かを表す。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。