STS-123


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

STS-123は、スペースシャトルエンデバー国際宇宙ステーション(ISS)に向かう予定のミッションである。当初2008年2月14日打ち上げ予定であったが、STS-122の打ち上げ延期をうけて3月11日以降へ順延された。これは25回目のISSへの飛行で、初めての日本の実験棟であるきぼうとカナダ製のロボットアームSpecial Purpose Dexterous ManipulatorをISSに運びこむ。アメリカ航空宇宙局(NASA)は、発射を1月にずらすことも視野に入れている。STS-123が終了すると、2010年に予定されているスペースシャトル計画の終了まで、残された飛行はあと9回である。

乗組員

  • Dominic Gorie (4) - 船長
  • Gregory H. Johnson (1) - パイロット
  • Richard M. Linnehan (4) - ミッションスペシャリスト
  • Robert Behnken (1) - ミッションスペシャリスト
  • Michael J. Foreman (1) - ミッションスペシャリスト
  • 土井隆雄 (2) - ミッションスペシャリスト宇宙航空研究開発機構

出発するExpedition 16乗組員

  • Garrett E. Reisman (1) - フライトエンジニア

帰還するExpedition 16乗組員

かっこ内の数字は、今回を含めたフライト経験数。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。