このページは、@wiki で 2008年12月22日 10:08:57 GMT に保存された http://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/6130/memo/ideas.htm キャッシュです。
ユーザがarchive機能を用いた際、@wikiが対象サイトのrobots.txt,meta情報を考慮し、ページを保存したものです。
そのため、このページの最新版でない場合があります。 こちらから 最新のページを参照してください。
このキャッシュ ページにはすでに参照不可能な画像が使用されている可能性があります。
@wikiのarchve機能についてはこちらを参照ください

@wikiはこのページまたはページ内のコンテンツとは関連ありません。

このページをキャッシュしたwikiに戻る

Let's Emu! : iDeaS


ニンテンドーDSエミュレータ

iDeaS (v1.0.1.x)

Last Update : 2oo7/06/06

I. DSエミュレータ「iDeaS」

 読みは「アイディアス」。Windows版GBAエミュレータ 「RascalBoy Advance」 を手がけるイタリアの Lino Maglione氏による、世界で3番目の DSエミュレータ (Windows版) です。バージョン1.0.0.6より、Linux向けのプレアルファ版も公開されました(開発継続断念)。

 機能面では、キーボードのキー設定、サウンド (不完全)、スクリーンキャプチャ (BMP形式)、ムービーキャプチャ (AVI形式) 、デバッグ機能(逆アセンブラ、レジスタビューア)、といったところをサポートしています。

 なお、2005年6月にリリースされた バージョン1.0.0.5 において、DSエミュ レータとしては世界で始めてとなる商用ゲームの動作に成功しています。ただ、今のところ動作するのは一部のゲームで、多くがまだ「ゲームをプレイする」、というレベルではないようです。

^

II. 動作環境とファイル構成

 Windows用「iDeaS」の動作に要求されるPCスペックの目安は、下のような感じです。

動作環境
OS Windows 95/98/ME/2000/XP/Vista
CPU Pentium 4 2.0 GHz 相当 ?
描画 GDI + OpenGL
DirectX DirectX 5.0 以降
その他 キーボード、マウス

 エミュレータ本体は、公式サイト ( http://www.ideasemu.org/ ) からダウンロードできます。フリーウェアです。配布ファイルは「7-Zip」(*.7z)という圧縮形式なので、「Lhaz」や「WinRAR」などで解凍してください。アーカイブ内には、以下のファイルが含まれています。

ファイル構成
ideas.exe エミュレータ実行ファイル
reame.txt Readme ファイル
Software.ini 設定ファイル (起動後出力)
plugin\aud.dll オーディオ プラグイン
plugin\ideasavicapture.dll AVIキャプチャ プラグイン

^

III. ゲームの起動

 エミュレータの実行ファイルである ideas.exe を起動します。そして、ファイルメニューの [Open] でDS関連のファイルを開きます。なお、「*.pme」はこのDS エミュレータ iDeaS 独自の拡張子です。

対応ファイル形式
*.bin ARM7/ARM9 バイナリファイル
*.pme
*.ds.gba
PassMe ファイル
*.nds Nintendo DS ファイル
*.zip ZIP形式圧縮ファイル

 操作キーには、キーボードのキーがデフォルトで割り当てられています。キー配置は、エミュレータ上から変更できます。ジョイパッドによる操作は対応していません。

操作キー
<NDS> <PC>
方向ボタン カーソルキー
A ボタン X キー
B ボタン Z キー
X ボタン Q キー
Y ボタン W キー
L ボタン A キー
R ボタン S キー
Select ボタン Shift キー
Start ボタン Enter キー
(タッチスクリーン) マウス

^

IV. その他の情報

雑メモ

開発環境 Borland C++
ARM7TDMI CPU
ARM946E-S CPU
対応
対応
Audio (16ch) 対応 (PCM8、PCM16、ADPCM)
EEPROM
FlashROM
GBA SRAM
一部対応 (4Kbit、64Kbit)
対応 (2Mbit)
未対応
RTC 対応

^


Copyright © 2007 Let's Emu! All Rights Reserved.